Home > Blog > ウィルクハーン > stitz > Standing or sitting?

Standing or sitting?

upDate2014/01/16

st1.jpg

「立つ」と「座る」の中間で支えるハーフシーティングチェア「Stitz(スティッツ)」。

日々の仕事は座ってできるものばかりではない、という点に着目。
美容室や大学の講義などでも使われています。

st3.jpg

またご自宅のキッチンやカフェ・バーのカウンターなど、アイディア次第で様々な場所・シチュエーションでも活躍してくれます。

 

操作方法

st2.jpg

シート下に位置するレバーを片手で掴んで斜めにするとガスリフトで上下昇降することができます。
無段階で調節ができますので、お好きなポジションをとることができます。

ベースには重石の役割を担う微粒の砂が入っており、傾けても安定しています。接地面はゴムのようなエラストマー樹脂のため床すべりをしません。

 

シート

st4.jpg

シェル:ポリアミド(ブラック)
張地:左より、コルク/ファブリック/レザー

 

張地はコルクと下記よりお選び頂けます。

ファブリック

pitch

auris

 

レザー

leather