PK22

upDate2014/02/08

pk22_01.jpg

ポール・ケアホルムの代表作、PK22。

その美しさをご堪能あれ。

pk22_a.jpg

かの、ミース・ファンデルローエに影響を受けたケアホルムが、名作バルセロナチェアを超えるべくデザインしたPK22。1955年にデザインされました。

pk22_lobby.jpg

エレガントでシンプル。無駄のないそのデザインは、複数脚を並べて配置するとより美しさが際立ちます。 

pk22_07.jpg

1957年、世界的な美術展覧会であるミラノのトリエンナーレにてグランプリを獲得。

 

仕様・価格

pk22_all.jpg

シートの種類:籐/革/スエード/キャンバス
ベース : サテン仕上げステンレススチール
size W630 D630 H710 SH350
籐・キャンバス ¥416,000(別途TAX) / スエード ¥519,000(別途TAX) / 革 ¥519,000(別途TAX)~

※革張りの価格は革の種類により変動します

 

pk22_leg01.jpg

左:座面を支える円弧状の貫(水平材)。

右:脚部・貫・シートはシリンダーの六角ボルトで連結されます。

 

pk22_leg02.jpg

左:座った重みで前後に脚部が開かないように高い技術力で作りだされたスチール一体型の節部。

右:ステンレススチールはポール・ケアホルムがもっとも好んだ素材。彼は当時まだ家具の素材として一般的ではなかったスチールを、木材などと同様に芸術的な天然素材と考え、多くの作品を生み出しました。