Home > Blog > PPモブラー > PP56/66 チャイニーズチェア > CHINESE CHAIR(PP56/66) デザインストーリー

CHINESE CHAIR(PP56/66) デザインストーリー

upDate2014/03/17

chi1.jpg

ウェグナーの原点とも言えるチャイニーズチェア。

1944年、当時30歳だったウェグナーは中国明時代の椅子「圏椅(クワン・イ)」からインスピレーションを得てチャイニーズチェアをデザインしました。

chi2.jpg


製作をフリッツ・ハンセン社に依頼し、完成したモデルがこちら↓

chi4.jpg

CHINA Chair モデル4283

1944年以降数年間のみ製造され、一時は生産中止になりましたが、1963年に復刻。以来このモデルは現在でもフリッツ・ハンセン社で作られています。

チャイニーズチェアは様々なモデルがデザインされたことでも有名。

chi3.jpg

 

その後PPモブラー社で何度も改良を重ね、現在のPP56、PP66が完成しました。

66_hans_ejnar.jpg

このチャイニーズチェアがなければ、「THE CHAIR」や「CH24(Yチェア)」も生まれなかったと言われているほど、ウェグナーにとっては自分の進むべきデザインを見出した一脚だったと言えるでしょう。