Home > Blog > PPモブラー > PP58/68チェア > PP58/68 CHAIR デザインストーリー

PP58/68 CHAIR デザインストーリー

upDate2014/03/21

58681.jpg

デンマークらしい、素朴ながら繊細で耐久性に富むPP58,68 CHAIR。

もともとはDSB(デンマーク国有鉄道)の鉄道用フェリーのためにデザインされました。
しかし、DSBは最終的にウェグナーの別モデルPP208を採用。その後、彼はデザインの改良を進め1987年にPP Møblerが製造を開始しました。

68_oak_oil.jpg

 

 

また1本の木材を蒸気熱で蒸して曲げることに成功し、コストの大幅な節約につながった椅子としても評価されています。

68_arm_proces.jpg

 

 

シンプルさ、耐久性、そして機能性をもったPP58/68。
特に座り心地は、浅く掛けても深く掛けても快適で、「座り心地」をテーマに掲げるウェグナー晩年の傑作チェアと言えます。

slide_58_wegner_ejnar_3.jpg