Home > Blog > イベント > The Art and Science of Herman Miller Seating > アート&サイエンス、初日を迎えました

アート&サイエンス、初日を迎えました

upDate2014/06/19

day1st.JPG

いよいよ本日より、Herman Miller社の椅子の歴史を辿る巡回展「The Art and Science Of Herman Miller Seating」が始まりました。

そこで今日は・・・ハーマンミラーを代表するデザイナーであり、”憧れのあの家具!”をたくさん世に送り出したイームズの豆知識をひとつ。

eames.jpg

イームズ夫妻のデザインには、根底にいつも「低コストで高品質な美しい家具を」という考え方があります。

決して贅沢品や高級品ではなく、人々の手が届く価格で品質やデザインの良い物を実現したい、ということです。

シェルチェアをはじめとする、彼らのデザインした多くの大量生産品は、まさにそのコンセプトに基づいたものと言えます。

eames02.jpg

それでは、イームズが最初に手掛けた大量生産品とは、何だったのでしょう・・・?

 

それは、「レッグスプリント」です!

骨折した脚の間接を固定するための、いわゆるギブス。プロダクトデザイン作品として製作されたのですが、第二次世界大戦中にアメリカ海軍に採用され、のべ15万本以上が製造されたと言われています。

 

この「レッグスプリント」、今回の展示で実物をご覧いただけます!アメリカ本国からやってきました。

さて、この「レッグスプリント」が、今回の展示とどういう関係があるのかと言うと・・・・それは店頭でスタッフからご案内させて頂きますね。

歴史を垣間見ることのできる貴重な品として一見の価値あり!ですので、お早めにご来店ください。展示期間は6月29日(日)までです。

 

イベント詳細はコチラ → click