Home > Blog > フリッツ・ハンセン > ドロップチェア > DROPチェアの仕様と価格

DROPチェアの仕様と価格

upDate2014/07/06

7845_Reference - Gifu Media Cosmos - コピー

2014年のFritz Hansenの新作として、待ちに待った復刻が発表されたDROP(ドロップチェア)。EGGチェアやSWANチェアとともに、アルネ・ヤコブセンによってデザインされたその椅子は、1958年の発表から半世紀の時を経て蘇りました。

いま改めて見ても斬新で美しい。色褪せない魅力を持つDROPをご紹介します。

 

本体のカラー

dropcolor2019

6色のプラスチック素材です。

ホワイト/ブラック/ナイングレー/ミレニアルピンク/ジェン・ゼットイエロー/イフィンダウトブルー

 

脚のカラー

drop_leg_1.jpg

脚部はクロームか、本体プラスチックと同色からお選び頂けます。

 

パディングについて

drop_padding.jpg

布張り、革張りから選択できます。椅子のシート部分全体を包み込むフルパディング仕様です。
パディング仕様の場合の脚部は、クロームかホワイトまたはブラックの粉体塗装からお選び頂けます。

 

ブラックモデル

drop_ub

本体ブラックレザー張り、脚部がブラック色のブラックモデルのみ特別価格でお求め頂けます。

 

クッションについて

オプションで、プラスチック座面に乗せて使う専用クッションが用意されています。ライトグレーとダークグレーの2色展開。

 

サイズ

drop_size.jpg

size  W455 D545 H885 SH460

※パディングした場合、高さ約10mm、幅+奥行約15mm大きくなります。 

 

価格

プラスチック製は全色一律同価格、パディングの場合は生地や革のランクによって価格が異なります。

プラスチック  ¥38,000(別途TAX)
パディング(布張り)  ¥115,000(別途TAX)~
パディング(革張り) ¥200,000(別途TAX)~
ブラックモデル ¥127,000(別途TAX)~

Fritz Hansenについて詳しくはコチラ → click

オンラインで購入する → click