Home > Blog > スタッフレポート > 【名古屋丸の内店】セミナー「スイスデザイン “機能性をデザイン”する」レポート

【名古屋丸の内店】セミナー「スイスデザイン “機能性をデザイン”する」レポート

upDate2014/10/26

DSCN2623.jpg

本日までワイズカーサ ステューディオ名古屋丸の内店で行っていますクリエーション バウマン新作展示会。
10/21(火)、24(金)の二日間は設計士・建築家の方やインテリアコーディネーターなどプロの方を対象にセミナーを行いました!

 

スイスと日本の国交が樹立して今年で150周年を迎えます。
今回はそれを記念して、クリエーションバウマンとUSMハラーというスイスを代表する両ブランドそれぞれの担当に来て頂き、メーカーの歴史から商品の説明、コーディネートの魅力をたっぷりとお伝え頂きました。

DSCN2702.jpg

クリエーション バウマンのセミナーは、ドラムが鳴り響く映像を大音量でお聞きいただくところからスタート。

DSCN2751.jpg

吸音ファブリックの凄さ!バウマンジャパン竹島氏の説明に皆さん納得。

 

DSCN2755.jpg

今年の新作、椅子張り生地の紹介。セブンチェアに張って頂きました!

 

bau usm1.jpg

遮熱ファブリックの説明。生地の裏に金属を蒸着することで熱を防ぎます。スチールの蒸着が一般的ですが、バウマンはより遮熱率が高いアルミを蒸着。
薄く蒸着することで生地感も損なわず、レース生地でも外の景観を楽しんで頂けます。

 

DSCN2775.jpg

遮光生地のロングセラー「DIMMER」の糸と1円玉の重さを比較したり。こんなに軽い糸なんだ!と驚きの声もあがりました。

 

bau usm2.jpg

USMジャパンからは、川口氏、坂木氏に来て頂き、来年で130年を迎えるUSMの歴史・商品説明等を行って頂きました。

bau usm3.jpg

構造を知って頂くことで、改めてUSMの技術力の高さを認識して頂いたり。

DSCN2671.jpg

実際の納入事例をご覧頂きながら、USMの魅力を感じて頂いたり。

 

創業の時期もほとんど同じクリエーション バウマンとUSM。
長い歴史の中で常に進化してきた両者だからこそ、創業から約130年経った今日でもその魅力は色褪せていません。

自宅でも職場でも、美しく質の高い家具やカーテンと過ごしたいものです。

 

クリエーション バウマンについてはこちら→click

クリエーション バウマンの納入事例はこちら→click

USMについてはこちら→click

USMの納入事例はこちら→click