Home > Blog > カール・ハンセン&サン > CH88 > 60年の時を経て甦った名作椅子

60年の時を経て甦った名作椅子

upDate2015/05/25

P7291596.jpg

こんにちは。スタッフ中村です。
ワイズカーサがおすすめしている、北欧デンマーク「カール・ハンセン&サン」社。

Yチェアがアイコン的存在ですが、同じハンス J. ウェグナーのデザインでオススメしているチェアをご紹介します!

P7291665.jpg

CH88

1955年に、ハンス J. ウェグナーによりプロトタイプが製作されましたが、その時は製品化に至りませんでした。
そして2014年。ウェグナーの生誕100周年を記念し、ついに製品化されました!

 

木材とスチールの絶妙なコンビネーション

ch881.jpg

ウェグナーと聞くと、Yチェアをはじめ木製の家具を思い浮かべる方も多いかと思います。
しかしウェグナー自身、木製に限らず様々な素材にも取り組んでいたそうです。
その中でも、木材とスチールという異素材を巧みに組み合わせ完成したのがこちらのCH88。

1955年にスウェーデンで開催されたデザイン博H55にプロトタイプとして出展したモデルです。

天然木のオーガニックな柔らかさとスチールのシャープさが作り出す、ウェグナーのミニマリズムデザインの本質ともいうべきチェアに仕上がっています。

 

使い勝手の良さ

ch882.jpg

曲げ木技術を用いた背もたれは、背中にピタっとフィットする気持ちの良いあたり感。
肘を乗せるのにも丁度良いデザインになっています。

また4脚までスタッキング(重ねて置いておくこと)もできます。オフィスの会議室や社員食堂、公共施設におすすめです。

ch88_office.jpg

 

木目、カラー、脚部の種類、座面の張地など、色々な仕様が選べるのもCH88の特徴です。

ch883.jpg

軽快でシンプル。女性でも扱いやすいマルチチェアなので、多目的に様々な空間で利用することができます。
ぜひ店頭でお試しください。

*CH88の展示仕様は店舗・時期によって異なります。事前にご確認ください

 

カール・ハンセン&サンについて詳しくはこちら→click

CH88について詳しくはこちら→click