Home > Blog > ハーマンミラー > ワーキングチェア > エンベロップデスク > 使う人を優しく包み込むデスク

使う人を優しく包み込むデスク

upDate2015/06/01

EN_ENV_P_20110519_003_L.jpg

健康的な姿勢をサポートする「動くデスク」、エンベロップデスクのご紹介です。

人間とコンピュータとの調和

env1.jpg

コンピュータに向かって何時間も作業をする間、人は位置の定まったコンピューターに対して適切な姿勢を保とうと座った状態で身体を動かします。その結果身体に負担がかかり、首・肩・腰の痛み、目の疲れ、疲労といった問題が生じます。
その抜本的な解決策こそ、モニター上での作業を続けながら快適な姿勢を保ち続けることができる、人間工学に基づいて開発されたエンベロップデスクです。

 

動きをサポート

env2.jpg

柔らかく、弾力のある「インフィールドサーフェス」と呼ばれるデスク面が手前に約18cm・角度が7度下がるようにスライドするため、腕と手首を柔らかくサポートします。
特に手首部分は骨や筋肉、神経が集中している部分。より快適に健康的にパソコン作業をするために考えられています。

 

あらゆる場所・あらゆる人にフィット

env3.jpg

天板や脚の種類を色々と選ぶことができるエンベロップデスク。デザインもシンプルなので、自宅やオフィスなど様々な空間にフィットします。ボディポケット(天板前部分のくぼみ)のサイズは、小柄な女性から大柄な男性まで、ほとんどの体型に対応できる設計になっています。

 

人間工学に基づいたチェアとモニターアームを組み合わせて、より快適にお使い頂けます

env4.jpg

姿勢を変えたときでも、心地よくサポートしてくれるエンベロップデスク。人間工学に基づいたチェアと合わせて使うと、よりその使いやすさを実感できます。また画像のようなモニターアームを組み合わせれば、さらに身体に負担をかけることなく、長時間のデスクワークにも最適です。