Home > Blog > スタッフレポート > スイスUSM本社研修に行ってきました

スイスUSM本社研修に行ってきました

upDate2016/06/16

こんにちは。ワイズカーサ ステューディオ(名古屋丸の内店)のスタッフ小西です。
名古屋の梅雨入りから逃げ出すように・・・はるばるスイスへとUSMの研修に行ってきました!

USMの本社はスイスの首都ベルンから車で1時間程のところにある、ミュンジンゲンというのどかな町にあります。
ショールーム、オフィス、工場が広い敷地に併設され、そのすべての建物がモジュールで構成された美しい外観。

2016USMswiss_01.jpg

1885年創業、もともと鋳物や錠前を手掛けていたUSMの3代目経営者ポール・シェアラーが、建築家フリッツ・ハラーとともにモジュール式の社屋と工場を考案・建築したのは1963年のこと。当時そのコンセプトと外観はとても斬新で非常に話題になり、なんとUSMに建築の依頼がきたほどだったそうです。

2016USMswiss_02.jpg

そして1969年、家具としてのUSMモジュラーファニチャーを生産・販売開始。
さらに企業としての発展とともに、50年かけて社屋や工場も増設され拡張を続けてきましたが、まるで最初からその規模であったかのように、違和感なく、そして古びることもない。まさにモジュールという考え方だからこその機能的で美しい佇まいに感動しました!

 

2016USMswiss_16.jpg

こちらは新商品!
横幅395mm、奥行750mmのドロワー(引出)です。オフィスでの省スペース&収納量UPに貢献してくれる、新しいアイテムです。
書類やファイルが多い方におすすめ。スイスで実際にあった要望から開発されたのだそう。

 

2016USMswiss_10.jpg

2016USMswiss_03.jpg

↑ショールームと工場の様子

2016USMswiss_08.jpg

↑本社オフィスの様子

 

2016USMswiss_11.jpg

2016USMswiss_12.jpg

さらにチューリッヒやベルンのUSM販売店を見学。USMはスイスではポピュラーな家具。街中の様々な会社や店舗でUSMが導入されているのを見かけます。カラフルでも安っぽくならず、ベルンの世界遺産となっているクラシカルな街にも良く似合っていました。

2016USMswiss_13.jpg

納品現場として、FIFA(国際サッカー連盟)の本部にもおじゃまさせて頂きました。普段は決して見ることのできないバックオフィス!セキュリティの厳しいオフィスにドキドキ・・・。
ルビーレッドのUSMハラーとキトスMテーブル、椅子はウィルクハーンのINで統一されていました。

 

2016USMswiss_14.jpg

連邦議事堂も議員さんに案内頂いて見学。威厳と格式ある建物に、これまたドキドキ・・・。さらにちょうど議会中で、傍聴までさせて頂いてしまいました(言葉は理解できませんでしたが・・)。
こちらにも様々な形でUSMが美しく納品されています。
世界中の大統領や首相から送られた贈答品が、LED付のガラスショーケースに飾られている空間は圧巻でした!

 

 

世界中で愛されているUSM。
そのベースと歴史を深堀りするとともに、現地スタッフのUSM愛と熱い想いを感じてきました。

改めてUSMの奥深さや歴史に裏付けられた”価値”を実感。
ますますUSMを自信をもっておすすめしていきたいと思います!

 

ワイズカーサにはたくさんのUSMハラーのユニットとテーブルを展示しています。その数・・・北名古屋本店と名古屋丸の内店合わせて50点を超えます。
新しいオフィスでも、移転やリフォームでも。買って後悔どころか、大満足すぎて思わず買い足しちゃう。
会社や自店にお客さんが来ると思わず自慢し、紹介しちゃう。
機能的過ぎて、ほかの家具には戻れない。


そんな魅力を、店頭で存分に感じてください。

たくさんのUSM、そしてスイスのお土産話とともに、お待ちしています!

 


 

そもそもUSMって?(詳しくはコチラ) → click

USMの納品事例はこちら → click

スイス出張の写真たくさん公開中!→ Y’S CASA STUDIOのFBページへ