Home > Blog > イベント > ワーキングチェア 正しい座り方講座 > ワーキングチェアの正しい座り方講座開催中!危険な姿勢について!

ワーキングチェアの正しい座り方講座開催中!危険な姿勢について!

upDate2016/10/04

<ワーキングチェアの正しい座り方講座>

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店
毎週土・日曜日PM1:30~,PM5:00~

ワイズカーサ ステューディオ 名古屋丸の内店
毎週曜日AM11:00~

*無料
*要予約(御予約は各店舗へお電話下さい)
*上記以外の日時でも随時ご案内いたします。お気軽にお問い合わせ下さい

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店 TEL:0120-04-8018 
ワイズカーサ ステューディオ 名古屋丸の内店 TEL:052-684-6718 


こんにちは。丸の内店スタッフ中村です。

毎週ご好評を頂いております、ワーキングチェアの座り方講座。実際にチェアにお座り頂きながら、「正しい座り方」「身体にどのような負担がかかっているか」「猫背は危険!」などなど、お話しさせて頂きます。

今回のブログは、危険な姿勢についてお伝えします。

以前のブログでも、「猫背は危険!」などお話ししました。
この姿勢も、危険です。

img_8979

脚を組む!!

ドキっ!!とした方。

あなたです。

中々に危険です。身体に負担かかってます。

そもそも、なぜ人は脚を組むのか?諸説ありますが、一般的には「体の重心の調整のため」だそうです。
人はお尻にある座骨と脊椎によって座るバランスを取ります。
しかし多くのイスは座高や足の長さ、お尻の大きさなど座る人の様々な条件に合うようには作られておらず、バランスが崩れてしまいます。

0930

例えば前かがみの体制で浅めにイスに座ると、脊椎の腰にあたる所は後方に曲がってしまい、重心が後の方へ行ってしまいます。
結果、前の方へ重心を移動させるため足を組み、重心の偏りを解消したくなります。

聞こえは良いですが、身体には様々な悪影響を及ぼしています。

一番恐ろしいのは、、骨盤の歪みです!
骨盤の歪みは、腰痛や椎間板ヘルニアや自律神経失調症など、様々な合併症を引き起こします。

脚を組んだ時の、ご自分の姿勢を確認してみて下さい。上半身が真っすぐな方もいるかと思いますが、大抵の方は左右どちらかに傾いています。

09301

身体、曲がってますよ!!骨盤歪んでますよ!!

さらに、脚を組む=脚を圧迫 すなわち、血流が悪くなります!
もちろん血液がサラサラ、ドロドロなどのお話しではありませんが、圧迫すると痺れや冷えの原因にもなります。
むくみや太る原因にもなると言われています。

脚を組むのがクセの方も多いかと思いますが、先ずはご自分にあったチェアに正しく座ることが大切ですよ。

そんなお話しもさせて頂く「ワーキングチェアの正しい座り方講座」。

ご予約・ご来店、お待ちしております!

 

ワーキングチェアの正しい座り方講座 アーカイブはこちらから→click

ワイズカーサのおすすめワーキングチェアはこちらから→click