Home > Blog > オフィス提案 > オフィスの設備投資には効果のあるワーキングチェアを

オフィスの設備投資には効果のあるワーキングチェアを

upDate2019/01/10

こんにちは。スタッフ小西です。
今日はオフィスにおける設備投資のお話を。

off1

 

オフィスに必要な設備はたくさんありますが、スタッフの業務効率をUPさせ、生産性を高めるために必須なのが、「正しい」ワーキングチェアです。

デスクワークをするスタッフの多くが腰痛や肩こりに悩んでいます。
日本では従来、それらは自己責任による体調管理という位置づけをされてきましたが、アメリカでは企業によるスタッフの健康管理不備として、場合によっては裁判になり企業側が敗訴するケースも出ています。

企業はデスクやチェアを安価なものにしてコスト削減を考えがちですが、何十年も続くロングライフな企業を目指すのなら、スタッフが最善の仕事を長期間にわたってできるように、長期的な目線で環境整備に取り組むべきなのです。

「正しい」とは?

人はロボットではないので、体調や働く環境によって、行動や感情が大きく左右されます。
つまりスタッフがより良い仕事をするためには、スタッフの健康管理や職場の環境整備をする必要が、会社側にもあるということです。

多くの時間を座って仕事をする環境のスタッフにとって、大切なのはワーキングチェア。

ngworker

腰痛、肩こり、目の疲れ。
猫背による肺機能の低下→血液中の酸素濃度の低下→集中力の低下。

それらは「正しくない」椅子に「正しくない」姿勢で座って長時間仕事をすることで起こります。

「正しい」椅子とは、より自然でストレスのない人体のあるべきカタチに、人の姿勢を自然と誘うもの。そして人の無意識の動きを妨げず、身体に寄り添いフォローしてくれるもの。

それは座る人の作業効率を確実に高めてくれます。

 

スタッフの作業効率を高めることは、業績アップに繋がります。
そのために、「正しい」ワーキングチェアを選び、「正しく」座る方法を実践させることが大事です。

ワイズカーサでは、人間工学に基いて、正しい椅子を選び正しく座るための【ワーキングチェアの正しい座り方講座】を開催しています。
講座と言いましても、かしこまった所謂講座ではなく、実際にワーキングチェアに試座して頂きながら座り方のお話しをさせて頂きますのでお気軽にご参加ください。

<ワーキングチェアの正しい座り方講座>

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店
毎週曜日PM1:30~,PM5:00~

*無料
*要予約(御予約はお電話下さい)
*上記以外の日時でも随時ご案内いたします。お気軽にお問い合わせ下さい

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店 TEL:0120-04-8018 

法人様専用見積/ボリュームディスカウントも致します。
社長室や応接室、執務スペース、ミーティングスペースなど、使う場所・使う人・使い方・雰囲気に合わせてご提案致しますので、まずはお気軽にご来店ください。

※ワーキングチェアはヤマトヤ・ワイズカーサ北名古屋本店もしくはY’S CASA STUDIO名古屋丸の内店でお試し頂けます

ワイズカーサのおすすめワーキングチェアはこちら