Home > Blog > オフィス提案 > 働き方改革のご提案② ~ダラダラ長い会議はしない~

働き方改革のご提案② ~ダラダラ長い会議はしない~

upDate2019/05/04

突然ですが、定例会議をすることで仕事をした気になって安心してる方、いませんか(笑)?
本来会議はプロジェクトや部署の目的や流れ・進捗状況などを共有し、今後の具体的な行動や方針および担当等を決める、大切なもの。
つまりスタッフがどう働くかを具体化する”議決”が目的です。

でも往々にして、”上長がお説教や過去の栄光など、自己満足のために長話をする時間”が大半を占めていることも少なくありません。

tired_meeting

英国の『ガーディアン』紙によれば、会社員が仕事人生のなかで会議に費やす時間は平均でおよそ9000時間にも及ぶと言います。さらにそのうちの約50%が無駄に終わっているとか・・・

長引く会議は単純に無駄時間。もはや時間泥棒。最も改善すべき時間の使い方です。

では会議が長引かないための具体策とは?
会議短縮のためのお役立ちアイテムをご紹介!

■スタンディングミーティング

立ったままの会議のこと。10~30分程度で疲れてくるので、自然に早めに会議を切り上げようとします。不要な話題は避け、本題のみに時間を割くようになります。
そんな環境をつくってくれるのが昇降式やカウンター高のデスク。それでもちょっと長めの議論になりそうな場合には、軽くもたれることのできるハーフシーティングのチェアがあると快適です。

スタンディングミーティング 昇降式デスク【USMキトステーブル】

スタンディングミーティングハーフシーティングチェア【Stitz】

スタンディングミーティングハーフシーティングチェア【Stand Up】

 

■体を動かして脳を活性化

身体を動かすことで血流が良くなり、いいアイディアが浮かびます。眠気もどこへやら。
健康促進にも繋がり、活発な議論が生まれます。立ってゆらゆら、座ってゆらゆら。この不安定感が短期集中型のミーティングを実現します。
ただし深刻且つ重要な議題の時には不向きですのでご注意を…

働き方改革シーティングボール【VLUV(ヴィーラブ)】

働き方改革【バランスアクティブボード】

働き方改革【バランスシナジー】

 

■番外編

ワイズカーサでお取り扱いはありませんが、こんな製品も開発されています。

DIESELが開発した、15分以内にミーティングを終えるための特別な「カプセル」です。さすがにこれは突飛すぎるとも思いますが、根本的な考え方はまさにカプセルのコンセプト通り。

ミーティングを短時間で効果的に行うためには、”短く済ませられるためのスペース”が必要だということ。


部下を頭ごなしに叱ったところで、仕事効率の改善は難しいもの。
無意識に、でも確実に仕事の効率が上がる環境を整えることこそ、企業が取り組むべき最初の一歩です。

ただオシャレなだけじゃない、ただ品質が良いだけでもない、業績アップにつながるワイズカーサのオフィス家具・オフィス提案を是非ご活用ください。

 

【関連記事】

・働き方改革のご提案① ~執務効率を上げる~
・効率良く働くために「立ち上がろう」!