Home > Blog > オフィス提案

USM

こんにちは。丸の内店スタッフの坂野です。現在ワイズカーサではUSMキャンペーンを開催中!

そこで今日は、オフィスやクリニックの経営者様、院長様に向けて、USMで設えるエグゼクティブルーム、役員室、社長室を紹介いたします。

 

機能と美しさを兼ね備えたエグゼクティブルーム

spaces_14_S22_IBF_jpg_0x780_q90_cropこちらはスイスの国際バスケット連盟の役員室。
キャビネットのカラーはアントラサイトをチョイスして全体的に同系色でまとめています。
モノトーンだと空間が重くなりがちですが、デスクの天板をクリアガラスにすることで軽やかにになっていますね。そしてエレガント。

 

美しく収納する

inosキャビネットの上段は扉を付けず飾棚として。
中段・下段は扉を付けてたっぷり収納!
書類やこまごました物をしまえるイノスボックスも活用していますね。

IMG_2439デスクの下にあるキャスター付きのワゴンは引き出しになっています。
筆記用具や印鑑など必要に応じてカスタム!

 

 

USMで設える空間は、見た目の美しさはもちろん、日々の掃除のしやすさや、しまう物に応じて収納を作ることが出来ます。
整然と収められた書類やファイルは来訪者に好印象を与え、クリーンで洗練された空間を実現いたします。

 

 

コーポレートカラーで記憶に残る役員室

保険屋 USM

次にご紹介いたしますのは、イタリアの保険会社の役員室。
こちらの企業は赤と青がコーポレートカラーということで、大胆に赤と青を取り入れていますね。
カラーを上手に取り入れることで、来訪者に強く企業のイメージを残す事ができます。それも好印象で!

 

色と素材をミックスする

castelluzzoinsurance-rome_5_jpg_0x780_q90_cropキャビネットだけじゃなくハラーテーブルも赤で。素材はガラスです。ガラスならではの美しい輝きで高級感を演出しています。

castelluzzoinsurance-rome_9_jpg_0x780_q90_cropキャビネットのスチール素材とフローリング。
USMのキャビネットはウッドととても相性がいいんです。スチールやガラス、異素材をミックスすると空間にメリハリが生まれます。

 

USMのキャビネットはカラーが14色、デスクの素材もラミネートやガラス、ウッドと多数からお選びいただけます。
作り上げたい空間のイメージによって組み合わせて、コーディネートすることが可能です。

 


 

最後に、世界各国の会社のエグゼクティブルームや役員室の事例ギャラリーをご紹介!
USMハラーで会社の印象を強く印象付ける、美しくて機能的なエグゼクティブルームづくり、サポート致します。

図2

図1

新規開業、移転、リフォーム、買い足し、模様替え等お考え中のオフィスやクリニックの経営者様、院長様。

是非お気軽にご相談ください!

 


USMハラーについて詳しくはコチラ → click

USMの納入事例はコチラ → click

USM_mitsumori.jpg

クリックして頂くと、【問合せフォーム】が開きます。
以下をコピーして、内容を記入の上、お送りくださいませ。
※USMハラーの御見積・販売に関しては、専門施工が伴うため、原則として弊社のデリバリースタッフがお伺いできる範囲(愛知、岐阜、三重、長野・滋賀・静岡の一部)とさせて頂いております。遠方からの御見積依頼についてはご返信致しかねる場合がございますのでご了承ください。

---- ここから下をコピー ----

■USMハラー見積り依頼

①サイズ
幅  cm×奥行  cm×高さ  cm 程度

②使用目的(不要な項目を削除してください)
本棚 / テレビボード / キャビネット / キッチンボード / ワゴン /LEDディスプレイシェルフ / その他(     )

③使用場所(不要な項目を削除してください)
自宅 / オフィス / 店舗 / 病院・クリニック等 / その他(     )

④カラー

⑤その他ご自由にご希望をお聞かせください

 

こんにちは。丸の内店スタッフ坂野です。

2015年12月1日より従業員50人以上の事業場において『ストレスチェック』が義務付けられました。
身体の健康面だけではなく、メンタルヘルス面の健康状態も重要視されているというわけです。

ストレスの原因も会社や、個人により様々。すぐに改善するのは難しい事もあります。
むしろすぐに改善が出来ない事が多いと思います。

そこですぐに取り入れることができるストレス軽減方法をご紹介。

オフィスに観葉植物を置こう!

オフィスの中のインテリアはプラスチック製のイスやデスク、スチール製のキャビネット。パソコンにプリンター。
癒しとはちょっと遠い素材で構成されています。

i_lawyeroffice_main

デスク周りに観葉植物を取り入れるだけで空間の空気が柔らかくなります。
視覚的に癒されますよね。

沢山の植物に囲まれたミーティングスペース。社員同士が自由に意見を出し合えてクリエイティブなアイディアが生まれそうです。

 

見た目だけじゃない!観葉植物によって得られる嬉しい効果

リラックス効果

植物の緑色を見ると緊張状態の精神をリラックスさせることが証明されています。
血圧を下げ、呼吸も落ち着かせる効果も。

そして、緑色はほかの色に比べて長時間見ていても目が疲れにくく、集中力も持続しやすい色なんです。
身近なものだと学校の黒板が緑色なのがそんな理由だそうですよ。

目の疲れをとる効果

現代ではパソコンでの作業、スマートフォンも使う場面は多く、かなり目を酷使しています。
ブルーライトも目に大きな負担になりますよね。

目が疲れたな~。と感じたら少し植物を眺めながらひと休みしてみてください。
実は植物を眺めることで視覚疲労を和らげる効果があると複数の研究グループから報告があります。

空気清浄効果

植物が持つ3つの空気清浄効果
・空気中の有害物質の吸収
・マイナスイオン濃度をUP
・カビ、バクテリアなどの増殖を抑える

USM GREEN

観葉植物を置くと空間が柔らかくなり癒され、お洒落なオフィスに。
そして、ほこりや有害物質などが減り、体調面でも職場環境が快適に。社員のストレスも軽減されます。
結果として社員の集中力やモチベーションも上がり生産性もアップする事が期待できます。

 

まだオフィスに観葉植物を置かれていない方!
是非、取り入れてストレスレスなオフィス作りを目指しませんか?

 

オフィスプランニングについて詳しくはこちら→click
オフィスの納入事例はこちら→click

 

こんにちは、SIRQグローバルゲート店の小西です。
平成28年度には経済産業省が「健康経営優良法人認定制度」を導入し、”健康的に働けること”が企業自体の価値と、さらには業績をも高める時代になりました。
そこで今日はワイズカーサから「健康経営」についてのご提案!

healthcare0

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

・・・と、経済産業省のHPに記載されています。一言でいうと

healthcare1

では、具体的にどうしたら良いのでしょう?
・社員全員に健康診断の徹底
・自転車や徒歩通勤の奨励
・社員食堂の整備と栄養士の常駐
などなど、健康促進に効果的な事柄は思いつくけど、どれも今すぐできるかというと現実的じゃないよなぁ、、、なんて声が聞こえてきそう。

そこでワイズカーサから、すぐにでもできるスタッフの健康促進方法をご提案致します。

 

1.職場環境の見直し
health01

ずーっと座りっぱなし。これは身体にとって非常にリスクが高いことです。肩こりや腰痛の原因にもなるし、肺に十分な酸素がいきわたらず、眠くなるうえに良いアイディアや企画も生まれません。集中力も途絶え気味・・。
なので、時には立ってデスクワークやミーティングができる環境を取り入れてみてはいかがでしょう?

 

2.コミュニケーションの活性化
Allpress HQ - London

他部署のスタッフと、上司や部下と、コミュニケーションを取りましょう。多角的な視野で仕事をとらえるきっかけにもなりますし、同僚がどんなことを抱えているのか、何を目標としているのかなど分かり合えると、仕事に対する意欲もわいてくるというもの。どの部署にも属さないスペースにカジュアルな寛ぎ空間を設けるのが◎!

 

3.休憩や気分転換
health03

最近では”おやつ時間”を全員参加で強制(?)している会社もあるくらい。たとえ15分でも、しっかりリフレッシュしたほうが仕事効率があがります。身体を動かしたり、音楽を聴いたり、ひとりになる時間を作るのも良いですね。運動器・感覚器の障害を防ぐほか、心身症(ストレス性内科疾患)の予防にも効果的です。

 

4.清掃をルーティンワークに
health04

感染症やアレルギーの予防という側面もありますし、身体を動かすきっかけにもなります。ポイントは掃除タイムをきちんと設けて、スタッフ全員で同時に取り組むこと。自主性に任せると、たいてい後回しになり、定着しません。くれぐれも「〇〇さんはいつも掃除は人任せ!」とクレームや不信感の元になることは避けましょうね。

 


いかがですか?
明日からやってみよう!と思える事柄もあったのではないでしょうか。

ちなみにワイズカーサでは、毎朝朝礼前にみんなでラジオ体操をしていますよ。
健康経営の実践で、目指せ業績UP!

スタッフが生き生きと働けるオフィスプランはワイズカーサにお任せください→click

こんにちは!丸の内店スタッフの坂野です。

オフィスの玄関となる受付はオフィスの顔。
受付の印象によって来訪者がそのオフィスに抱くイメージの善し悪しを決めることも少なくありません。

ではオフィスの印象を良くする受付とはどのような受付でしょう。

 

大切なのは清潔感

人の身だしなみを見てその人の人間性まで判断するように、オフィスの顔ともいえる受付は会社の印象を左右する重要な場所です。
例えば「この人は仕事ができる!中身もすばらしい人間だ!」といわれる人も身だしなみに清潔感が無いと初対面の方にはその様に伝わらないかもしれません。
受付も同じです。
整理整頓されていなく雑然と物が置かれている受付では来訪者に悪いイメージを与えてしまいます。

そこでお勧めしたいのがUSMハラーでつくる清潔感のある受付。

 

シンプルですっきりとしたデザイン

USM1-1見た目の美しさはもちろん、ツルリとしたスチール素材なので毎日のお掃除が楽ちん。実はUSMハラーはお手入れがしやすいのもポイントです。

 

66

USMハラーは収納するだけではなく、この様にブックシェルフにすることも可能です。パンフレットなど美しく置くことができます。

 

抜群の収納力

1-2
書類を分けたり、印鑑やクリップなどのこまごました物を収納するアイテムが豊富。必要に応じてカスタムして「物の居場所」をつくり整理整頓しやすい収納に。

 

USMハラーなら清潔感のある美しい受付をつくることが可能です。クリーンな印象で来訪者に好印象を与えるだけでなく、働くスタッフが使いやすいのもUSMハラーのすごいところ。

 

レイアウトのご相談や、店頭にてUSM専用ソフトによる3Dシミュレーションもさせて頂きます。
オフィスの新設・ご移転をお考えの方、お図面をお持ちの上是非ご来店ください。
お待ちしております!

 

USMハラーについて詳しくはこちら→click

オフィスプランニングについて詳しくはこちら→click

こんにちは。丸の内店スタッフの坂野です。

オフィスのインテリアのイメージといえば、スチール製の棚や、プラスチック製のワーキングチェア、ラミネート製のデスク。
そして、デスクの上にはパソコンやプリンターと、気がつけば人工的な素材ばかり。

しかし、人工的な素材ばかりで構成されたオフィスは無機質で居心地がいいとは言えません。

 

そこでご提案いたしますのは、チェアを変えてみること。
ナチュラルな素材のチェアを差し込むことによってオフィスの雰囲気が柔らかくなり、居心地の良い空間になります。

 

そして、今回お勧めしたいのがCH24、有名な《Yチェア》です。

Yチェアと言えば北欧のダイニングチェアの代表的チェアですが、実はオフィスシーンにも合うのです。

CH24 STUDIO

合わせたのはオールブラックのYチェア。
オールブラックでかっこいい印象ですが、木製ならではの滑らかなラインと座面のペーパーコードがデスク周りの雰囲気を柔らかくしています。

USMハラーのスチール素材とのバランスも良いです。

USM Yチェア2

USM Yチェア 2

Yチェアはカラーバリエーションも豊富なので、コーポレートカラーに合わせてお選びいただいたり、こんなカラフルにコーディネートしていただくことも可能です。

01_steengyldendal__MG_0031
oplusa_meraki_0431_b
ラウンジチェアとして、ゆったりと座ることができるYチェアはリフレッシュスペースにも選ばれています。

オフィスを居心地の良い場所にすることによって生まれるメリットは企業にとってとても大きく、重要なことです。
スタッフ同士のコミュニケーションも増え、新しいアイディアも出るはず。
居心地の良いオフィスはリクルーターからの注目も上がり、採用に効果的。
来客に対して好印象を与えるでしょう。

Yチェアでオフィスの無機質なイメージを変えてみませんか?
ワイズカーサでは居心地の良いオフィスのご提案致します!お気軽にお問い合わせくださいませ。


 

CH24《Yチェア》について詳しくはこちら→click
オフィスプランニングについて詳しくはこちら→click

 

こんにちは。SIRQグローバルゲート店スタッフの小西です。

仕事に応じて、人や部署に応じて、働き方が多様化する現代。
オフィスもその時と状況によって効率よく働けるカタチに変化・順応することが求められています。

そこでおすすめしたいのが、USMハラーによるオフィスレイアウト。

以下に紹介する6つのパターンは、実はどれも同じ家具を使ってレイアウトを変更したものです。


パターン①

plan1

パターン②

plan2

パターン③

plan3

パターン④

plan4

パターン⑤

plan5

パターン⑥

plan6

大掛かりな内装工事は必要なし。
USMハラーでオフィスをレイアウトしておけば、グループワークなのか個人作業なのか、コミュニケーション優先か集中優先か等、仕事の内容に合わせてその配置を変えれば良いというわけ。

もちろん、さらにパーツを追加して、縦&横に拡張したり、ドアをつけたり、違う形に組み替えたりすることも可能です。


まずはUSMハラーで一体どんなことができるのか、店頭で実際にご確認を。
間取りや広さ、仕事内容、スタッフ人数、働き方に合わせてスタッフがオリジナルのご提案をさせて頂きますので、ぜひ図面を持ってご来店ください。

※こちらの記事もご参照ください→USMハラーが多くのオーナー様に選ばれている理由

stitz01.jpg

こんにちは。スタッフ小西です。

良い企画・良い打合せ・良いリフレッシュ。それらを実現するための、ひとつのソリューションをご紹介します。

それはずばり!「席を立つ」こと。

 

(さらに…)

こんにちは。丸の内店スタッフ中村です。

オフィスの家具、と聞いて、皆さんはどんな家具、どんなイメージを想像しますか?
グレー、無機質、スチール・・・・・

そんなイメージを払拭する、素材感あるオフィス。特に木製品を上手に取り入れることで、空間に温かみと柔らかさが生まれます。

office1

しかし、全てが「木」!というわけではありません。

大事なのは、素材のバランスです。

office2

木、金属、ガラス、ファブリック・・・・
これら素材を要所要所に巧みに組み合わせることで、オフィスがもっと洗練された空間になります。

そんなオフィス空間作り、ワイズカーサに是非お任せ下さい!
先ずは図面をお持ち頂き、ご相談を。インテリアプランをご提案させて頂きます!

*海外商品も数多く取り扱っています。納期に4ヶ月~5ヶ月ほどかかるものもございますので、お早目にご相談ください

 

ワイズカーサのサービス案内はこちらから→click!

ワイズカーサの提案するオフィスblogはこちらから→click!

納入事例も是非ご覧下さい→click!

こんにちは。スタッフ小西です。
今日はオフィスにおける設備投資のお話を。

off1

 

オフィスに必要な設備はたくさんありますが、スタッフの業務効率をUPさせ、生産性を高めるために必須なのが、「正しい」ワーキングチェアです。

なんと、毎年スタッフの腰痛により、企業が被っている損失は推定で7340億円以上(※)!
そして10人中8人のスタッフが腰痛を経験しているといいます。

今すぐ何とかしなければ、企業は深刻な損害を被ることになります。

※Herman Miller社調べ /HP参照

 

「正しい」とは?

人はロボットではないので、体調や働く環境によって、行動や感情が大きく左右されます。
つまりスタッフがより良い仕事をするためには、スタッフの健康管理や職場の環境整備をする必要が、会社側にもあるということです。

多くの時間を座って仕事をする環境のスタッフにとって、大切なのはワーキングチェア。

ngworker

腰痛、肩こり、目の疲れ。
猫背による肺機能の低下→血液中の酸素濃度の低下→集中力の低下。

それらは「正しくない」椅子に「正しくない」姿勢で座って長時間仕事をすることで起こります。

「正しい」椅子とは、より自然でストレスのない人体のあるべきカタチに、人の姿勢を自然と誘うもの。そして人の無意識の動きを妨げず、身体に寄り添いフォローしてくれるもの。

それは座る人の作業効率を確実に高めてくれます。

 

スタッフの作業効率を高めることは、業績アップに繋がります。
そのために、「正しい」ワーキングチェアを選び、「正しく」座る方法を実践させることが大事です。

ワイズカーサでは、人間工学に基いて、正しい椅子を選び正しく座るための【ワーキングチェアの正しい座り方講座】を開催しています。
講座と言いましても、かしこまった所謂講座ではなく、実際にワーキングチェアに試座して頂きながら座り方のお話しをさせて頂きますのでお気軽にご参加ください。

<ワーキングチェアの正しい座り方講座>

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店
毎週曜日PM1:30~,PM5:00~

ワイズカーサ ステューディオ 名古屋丸の内店
毎週曜日AM11:00~

*無料
*要予約(御予約は各店舗へお電話下さい)
*上記以外の日時でも随時ご案内いたします。お気軽にお問い合わせ下さい

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店 TEL:0120-04-8018 
ワイズカーサ ステューディオ 名古屋丸の内店 TEL:052-684-6718 

 

法人様専用見積/ボリュームディスカウントも致します。

エグゼクティブスペース、執務スペース、ミーティングスペースなど、使い方・雰囲気に合わせてご提案致します。
また建築・設計事務所様の所長様チェア・スタッフ様チェアなどでもご是非検討下さい。

USMハラーは決して安い家具ではありません。しかし、世界中の多くの企業経営者様に愛され、選ばれています。
それはなぜなのか?

USMが職場にとっていかに必要であるか、その選ばれる理由を紐解いてみましょう。

 

ポイント1:会社は10年後も20年後も続く

オーナー様は、常に会社の未来を考えています。より会社を発展させ、大きくすること。
だから、スタッフを雇う時にも、ずっと一緒に長く働ける仲間を求めます。家具も同じこと。たとえ会社の規模拡大でオフィスを移転しても、レイアウト変更があっても、長く使い続けられる丈夫で便利な家具に魅力を感じるのです。
(参照:オフィスのレイアウトの話

 

ポイント2:機能性

働き方や部署によって、必要な収納家具も様々です。書類をしまうのか、細かなパーツをしまうのか、それとも重量物か。それぞれに便利な形状、サイズ、パーツのカスタマイズができるのは必要不可欠です。またサイズ規格のぴったりなデスクが用意されているのも嬉しいポイント。

 

ポイント3:統一感

オフィスのどこにいても、またはどんな形や色使いをしても、シンプルな形状とデザインは全体に統一感を与えます。
バラバラな収納棚やロッカーで雑多なイメージのオフィスより、洗練された美しいオフィスの方がいいと、単純に誰もが思うことです。スタッフのモチベーション向上も望めます。

 

ポイント4:歴史と実績

rothschild

USMは世界各国で、50年以上前から選ばれている家具です。それだけで安心感があり、選ぶ価値があると、多くのオーナー様が考えています。なぜなら、自社の商品やサービスが50年以上愛されるものだとしたら、そこには確実に選ばれる理由があり、大きな自信を持っているはずだから。

 

いかがでしょう?USMハラーが選ばれている理由が、確かにあります。
実際に見て触れて確かめてください。店頭でUSMハラーのスペシャリストがご案内させて頂きます。ぜひご来店ください。

1 / 3123