Home > Blog > オフィス提案

USM

USMハラーは決して安い家具ではありません。しかし、世界中の多くの企業経営者様に愛され、選ばれています。
それはなぜなのか?

USMが職場にとっていかに必要であるか、その選ばれる理由を紐解いてみましょう。

 

ポイント1:会社は10年後も20年後も続く

オーナー様は、常に会社の未来を考えています。より会社を発展させ、大きくすること。
だから、スタッフを雇う時にも、ずっと一緒に長く働ける仲間を求めます。家具も同じこと。たとえ会社の規模拡大でオフィスを移転しても、レイアウト変更があっても、長く使い続けられる丈夫で便利な家具に魅力を感じるのです。
(参照:オフィスのレイアウトの話

 

ポイント2:機能性

働き方や部署によって、必要な収納家具も様々です。書類をしまうのか、細かなパーツをしまうのか、それとも重量物か。それぞれに便利な形状、サイズ、パーツのカスタマイズができるのは必要不可欠です。またサイズ規格のぴったりなデスクが用意されているのも嬉しいポイント。

 

ポイント3:統一感

オフィスのどこにいても、またはどんな形や色使いをしても、シンプルな形状とデザインは全体に統一感を与えます。
バラバラな収納棚やロッカーで雑多なイメージのオフィスより、洗練された美しいオフィスの方がいいと、単純に誰もが思うことです。スタッフのモチベーション向上も望めます。

 

ポイント4:歴史と実績

rothschild

USMは世界各国で、50年以上前から選ばれている家具です。それだけで安心感があり、選ぶ価値があると、多くのオーナー様が考えています。なぜなら、自社の商品やサービスが50年以上愛されるものだとしたら、そこには確実に選ばれる理由があり、大きな自信を持っているはずだから。

 

いかがでしょう?USMハラーが選ばれている理由が、確かにあります。
実際に見て触れて確かめてください。店頭でUSMハラーのスペシャリストがご案内させて頂きます。ぜひご来店ください。

こんにちは。スタッフ中村です。
オフィスレイアウトのご相談でよく聞かれるのが、
・スタッフ同士のコミュニケーションをとりやすいようにしたい
・他部署とも連携がとれるようなレイアウトを考えてほしい
・でも収納とある程度のプライバシーはちゃんと確保してほしい

こんなお声をよく聞きます。

オープンスペースにするのは簡単です。
ある程度のプライバシーを出すために間仕切りを立てるのも簡単です。
収納の棚を配置するのも簡単です。

でもこれでは根本的な解決策にはなっていません。
しかし、その全てを叶えるのは、USMハラー

P5290665

収納を兼ねた間仕切りで、部署間・個人スペースのレイアウトは自由自在。
またユニットの天板をデスク代わりに、立ちながらチョットした打ち合わせが出来れば時間効率もアップし、人件費削減・限られたスペースの有効活用にも繋がります。

20170709usm

ただデスクを並べる。ただ間仕切る。壁があるからただ棚を置く。
のではなく、スタッフ同士のコミュニケーションをとりやすくし、フロア内の風通しを良くすることこそが、会社に利益をもたらす第一歩です。

オフィス移転やレイアウトでお悩みの社長様、オーナー様。
是非ワイズカーサにご相談下さい。

ワイズカーサのオフィスご提案について→click!!

納入事例はこちらから→click!!

こんにちは。スタッフ小西です。

kitos_no_susume01.jpg

今日は、強く強く、昇降式デスクのオフィス導入をおすすめしたいと思い、ブログを書いています。

 

早かれ遅かれ、いずれ日本のどの企業でもその必要性が浸透し、昇降式デスクの導入が当たり前になると思うので、一歩先行く先進的な企業として他社と差別化するためにも、今から・今すぐ!!の導入をおすすめします。

 

そもそも、座りっぱなしがダメ

健康先進国スウェーデンではすでに企業の大多数が昇降式デスクを導入していると言います。
昇降式のデスクがあれば、座ったまま同じ姿勢で仕事をするスタイルから、立ったり座ったり、姿勢や環境を変えながら柔軟に働くワークスタイルへと変化が生まれます。

個人ワークにいいこと
・血流の好循環で肩こりや腰痛を予防
・自分のベストの高さに調整OK
・姿勢をかえてリフレッシュ。眠気も防止

ミーティングにいいこと
・活発な議論でアイディアも出る出る
・長時間のだらだらミーティングにならない
・コミュニケーションが円滑に

 

オススメの昇降式デスク

ワイズカーサでは機能だけに特化した家具ではなく、そこに「美しさ」や「上質さ」も持ち合わせた、いわば一石二鳥?1台で2度おいしい?デスクをおすすめしています。

USMキトステーブル
美しいデスクのあるオフィスは、スタッフの自慢です

kitos_no_susume02.jpg

キトステーブルについて詳しくはこちらをご覧ください

来て、見て、ためして、導入して、会社をより活性化させましょう。

 

・・・とはいえ立ちっぱなしは疲れる!という方はコチラ → click

*展示内容は時期・店舗によって異なります。事前にご確認ください

あなたのオフィスでは、上司と部下、そして部署間のコミュニケーションは活発に行われていますか?
職場では、情報や意思の共有は不可欠です。

職場に遊び心を。それは人と人がつながるきっかけを作る場所。職歴や部署という垣根を越えて、スタッフ同士の会話が生まれる場所となります。

人がリラックスして、考えや思いを語り合う場所は、畳1帖のスペースからでも生み出せます。
ワイズカーサのご提案する「働く場所」には、素材やデザインがあり、人が集う場となります。

2017年こそ、他部署のスタッフと初めまして、を始めましょう!


ワイズカーサのサービス内容はこちらから→click!

納入事例も是非ご覧ください→click!

こんにちは。丸の内店スタッフ中村です。
オフィス、クリニック、店舗・・・色々な空間をご提案するにあたり、必ず目につくのが、「妙に空いてる壁」。

時計だけ飾っても寂しいですし、無理やり何か置いても邪魔なだけ。意味もない棚など壁に付けた時には、埃の積り場所を作るだけ・・・・

そんな時、空間のスパイスとして欠かせないのが「アート」です。
御気に入りの画家や作家さんの絵をこだわりのアートフレームに入れて飾るのも良いですよね。

ワイズカーサがおすすめるアートがこちらのファブリックパネル。

fp

デザイン:アレキサンダー・ジラード
1952年に、ハーマンミラー社のテキスタイル部門デザインディレクターに就任。当時オフィスで使われるファブリックは無地で単調のものばかりでした。
ジラードは原色と簡潔な幾何学模様、そしてユーモラスなタッチを駆使して様々なデザインを生み出しました。

下の画像は、1968年、ハーマンミラー社が発表した「アクション・オフィス・システム」。
*独立したユニットをパネル(パーティション)などで仕切りグループ化した世界初のモジュラーオフィスシステム

ao

現在ではよく見かけるオフィスユニットですが、無機質だったこのオフィスシステムに趣と遊び心を加えたのが、このジラードのファブリックパネルです。

現在ワイズカーサ両店舗では大小様々なファブリックパネルを展示しています。
*写真はワイズカーサ ステューディオ名古屋丸の内店

fp1

fp2

オフィスやクリニック、店舗等の最後の仕上げに、遊び心ある壁を設えてみませんか?

ワイズカーサのサービス内容はこちらから→click!

オフィス提案blog 随時更新中!→click!

納入事例も是非ご覧ください→click!


こちらはワイズカーサで納入させて頂いた法律事務所様のオフィス。
壁のファブリックパネルはオーナー様のセレクトです。
今回ご紹介したジラードのファブリックパネルではありませんが、オフィスにアートがあるだけで空間に奥行き感がグっとでますね。

p5290628

p5290650

p5290625

p5290708

さらに詳しくはこちらから→click!

こんにちは。スタッフ小西です。
今日は、オフィスにおける設備投資のお話。

workingchairs

オフィスに必要な設備はたくさんありますが、スタッフの業務効率をUPさせ、生産性を高めるために必須なのが、「正しい」ワーキングチェアです。

なんと、毎年スタッフの腰痛により、企業が被っている損失は推定で7340億円以上(※)!
そして10人中8人のスタッフが腰痛を経験しているといいます。

今すぐ何とかしなければ、企業は深刻な損害を被ることになります。

※Herman Miller社調べ /HP参照

 

「正しい」とは?

人はロボットではないので、体調や働く環境によって、行動や感情が大きく左右されます。
つまりスタッフがより良い仕事をするためには、スタッフの健康管理や職場の環境整備をする必要が、会社側にもあるということです。

多くの時間を座って仕事をする環境のスタッフにとって、大切なのはワーキングチェア。

ngworker

腰痛、肩こり、目の疲れ。
猫背による肺機能の低下→血液中の酸素濃度の低下→集中力の低下。

それらは「正しくない」椅子に「正しくない」姿勢で座って長時間仕事をすることで起こります。

「正しい」椅子とは、より自然でストレスのない人体のあるべきカタチに、人の姿勢を自然と誘うもの。そして人の無意識の動きを妨げず、身体に寄り添いフォローしてくれるもの。

もう一度言います。

業績を上げたいのなら、スタッフの作業効率を高めること。
そのために、「正しい」ワーキングチェアを選び、「正しく」座る方法を実践させること。

ワイズカーサでは、人間工学に基いて、正しい椅子を選び正しく座るための【ワーキングチェアの正しい座り方講座】を開催しています。
ぜひ業務効率の向上のために、講座へお越しください。


 

<ワーキングチェアの正しい座り方講座>

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店
毎週土・日曜日PM1:30~,PM5:00~

ワイズカーサ ステューディオ 名古屋丸の内店
毎週曜日AM11:00~

*無料
*要予約(御予約は各店舗へお電話下さい)
*上記以外の日時でも随時ご案内いたします。お気軽にお問い合わせ下さい

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店 TEL:0120-04-8018 
ワイズカーサ ステューディオ 名古屋丸の内店 TEL:052-684-6718 

 

 

こんにちは。丸の内店スタッフ中村です。

社長室を始め、大切なお客様をお通しする場所や、役員の方が集まるスペースなど、ここぞ!という場所にこそインテリアにこだわりたいですよね。
ワイズカーサでは空間をワンランク上げるインテリアで、エグゼクティブスペースをご提案致します。

 

個人スペース

spaces_14_s22_ibf-jpg-0x780_q90_crop

アントラサイトという気品あるグレー色とガラスデスクを組み合わせたスペース。

使用アイテム
USMハラー USMハラーデスク

 

working-essentials-page-07-jpg-0x780_q90_crop

エグゼクティブデスクにはデザイン性が高いUSMキトステーブルをおすすめします。

使用アイテム
USMハラー USMキトステーブル

 

min_order06

黒檀のオリジナルデスクにウィングバックチェア。西陣織りをあしらえたパネルを壁面のアクセントに。
ワイズカーサでは様々なご要望にお応えするオーダー家具も手掛けています。

使用アイテム
特注家具

 

ミーティングスペース

en_esp_p_20140615_017_p

役員クラスのミーティングルームには、クラシックなデザインラインとボリュームあるクッションのエグゼクティブチェアを。

使用アイテム
アルミナムチェア

 

1975

シンプルなラインと革の質感が上質な空間を作り出します。

使用アイテム
オックスフォードチェア

 

min_order23

長さ320cm、奥行140cm。黒檀で作る迫力あるミーティングテーブル。
ワイズカーサでは様々なご要望にお応えするオーダー家具も手掛けています。

使用アイテム
特注家具

 

ラウンジスペース

barcelona-chair-saarinen-side-table

空間の格を上げる上質ラウンジチェア。

使用アイテム
バルセロナチェア

 

%e5%9b%b32

有機的で美しいその形状は、囲んで配置することにより、よりプライベートな空間を作り出すことができます。

使用アイテム
エッグチェア

 

r6_8_b

モダンなウィングバックチェアが特別な空間を演出します。

使用アイテム
ウィングチェア

 

上質な空間は、内装だけではく、そこに設えるインテリアで決まります。

こだわりの空間、是非ワイズカーサにお任せ下さい!

 

ワイズカーサのサービス内容はこちらから→click!

オフィス提案blog 随時更新中!→click!

納入事例も是非ご覧ください→click!

こんにちは。丸の内店スタッフ中村です。

オフィスの家具、と聞いて、皆さんはどんな家具、どんなイメージを想像しますか?
グレー、無機質、スチール・・・・・

そんなイメージを払拭する、素材感あるオフィス。特に木製品を上手に取り入れることで、空間に温かみと柔らかさが生まれます。

office1

しかし、全てが「木」!というわけではありません。

大事なのは、素材のバランスです。

office2

木、金属、ガラス、ファブリック・・・・
これら素材を要所要所に巧みに組み合わせることで、オフィスがもっと洗練された空間になります。

そんなオフィス空間作り、ワイズカーサに是非お任せ下さい!
先ずは図面をお持ち頂き、ご相談を。インテリアプランをご提案させて頂きます!

*海外商品も数多く取り扱っています。納期に4ヶ月~5ヶ月ほどかかるものもございますので、お早目にご相談ください

 

ワイズカーサのサービス案内はこちらから→click!

ワイズカーサの提案するオフィスblogはこちらから→click!

納入事例も是非ご覧下さい→click!

usm_3071_highres.jpg

会社でも、店舗でも、病院でも。
受付/レセプションという場所は、訪れた人が最初に目にし「第一印象」として強く記憶に残る場所です。

そんなエリアだからこそ、少し背伸びして、見栄を張って、かっこよく設えましょう。

usm_3072_highres.jpg

それは、来訪者をもてなす、という大きな意味を持ちます。さらに、優秀な人材を獲得するための第一歩とも言えるでしょう。

もちろん、実際に働くスタッフこそが会社や組織にとっては財産ですから、毎日通うスタッフにとっても自慢になるような空間を作ることが大切です。

usm_3066.jpg

ところで、今回はUSMハラーを使った受付エリアのインテリアプランを紹介しています。

usm_3070_highres.jpg

いかがでしょう?
プランイメージ図からも、シンプルで洗練された美しさが伝わると思います。

USMハラーで空間を設えることには、以下のようなメリットがあります。

・美しい
・機能的
・空間や間取りに合わせたプランが可能
・用途に合わせて扉やパーツを特化できる
・移転やリフォーム時にも組替対応OK
・カラーが豊富
・10年後、20年後も古くさい印象にならない

では実際の事例写真で・・・。

reception01.jpg

reception02.jpg

reception04.jpg

ワイズカーサは、東海地区のUSM正規代理店です。
豊富な知識と経験で、モジュールを駆使した様々な空間へのアプローチをご提案致します。

そして決断してください。
ポイントは「10年後の自分たち」に似合う空間であるかどうか。

長く使える家具だからこそ、ずっと働く場所だからこそ。
今ではなく、10年以上先、成長した自分たちに見合うものを選ぶこと。

ワイズカーサがそのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にご来店ください!

今日は、『将来性』のあるオフィスレイアウトのご提案のお話。

企業が長く続くことは、経営者にとっても働くスタッフにとっても大切なこと。
そして長く仕事を続けていると、規模が拡大したり、人員が増減したり、仕事内容が変わったり、様々な形で職場に変化が生じます。

だからこそワイズカーサでは、「多様化」に効率良く、そして迅速に対応できるオフィスレイアウトをご提案しています。

 

そこで、一定の家具を使って、業務内容の変化にフレキシブルに対応するプランを、ちょっぴりご紹介!

 

officeplan_9-1.jpg

 

(さらに…)

1 / 212