ARTEK_logo

ARTEK_logo

artek(アルテック)は1935年にフィンランド誕生した家具メーカーです。 建築家アルヴァ・アアルトを始めとする4人の創業者がスタートさせたアルテックは、安定した木工技術と、人と木のぬくもりを感じるモダン・オーガニックデザインで、世界でもその名を知られる代表的な北欧ブランドへと成長しました。
その名前はArt(芸術)とTechnology(技術)の融合を目指すところからきています。

長く続く商売であることを見越して

曲線を主体とする優しく丸みを帯びたシルエットが特徴的なアルテックの家具。ナチュラルでどこまでもオーガニックな印象ですが、その考え抜かれた構造体は非常に丈夫で、何十年もずっと安定して使用し続けられるものです。店舗でも施設でも会社でも、人々や空間とともに育っていき、その場所の歴史を刻んでいく家具です。

 

長い将来を見据えて導入するのなら、その先に価値のあるものを。

ワイズカーサがアルテックの家具をおすすめする理由はそこにあります。

  • artek_image1
  • artek_image2
  • artek_image3
  • artek_image4
  • artek_image5
  • artek_image6
artek_60stool

60スツール

(1933年)
Design:Alvar Aalto

シンプルなデザインと軽さ、そして特徴的な脚の構造が実現する丈夫さ。昔も今もそして未来も、木製スツールといえばコレ。サイドテーブルや鞄を置く台、花台等としても活躍します。

artek_domus

ドムスチェア

(1946年)
Design:Ilmari Tapiovaara

この安定感のあるどっしりとした見た目で、4脚までスタッキング(重ね置き)も可能です。座り心地も非常に良く、食事用だけではなくラウンジセアとしてもお使い頂けます。

artek_66

66チェア

(1935年)
Design:Alvar Aalto

世界中の図書館や学校でも使われていて、ニューヨーク近代美術館MoMAの常設展にも展示されているという、素朴な見た目とは違った世界的スターな椅子が66チェアです。カラーや布張りなどバリエーションも豊富です。

artek_69

69チェア

(1935年)
Design:Alvar Aalto

ナチュラルで優しい雰囲気の69チェアは、穏やか・和やかな空間と時間を演出します。アールトの他の椅子と同じく、非常に頑丈で強固な構造です。長期使用に安心してご利用頂けます。

関連記事を見る