Home > BRAND 取扱ブランド > Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)世界中で愛され続ける名作家具たち【ワイズカーサ ビジネス】

Fritz Hansen

Fritz Hansen

時代が変わっても
色褪せることのない道具たち

1872年にまで遡る歴史は、フリッツ・ハンセンが新しいものを積極的に取り入れつつも、物事の本質と原点を見失うことなく物づくりに取り組んできた軌跡でもあります。フリッツ・ハンセンは、決して既成概念にとらわれること無いもの作りへの姿勢を貫いてきました。その結果として、数々の傑作とされる家具やデザインアイコンがデザイン史に刻まれています。

おすすめするには、理由があります

シンプルで美しい家具は、空間に上質感を取り入れる必須アイテムとしておすすめしています。フリッツ・ハンセンの家具の多彩な色やデザインは、快適で居心地の良い空間を生み出します。チェアからテーブル、ソファ、またコートハンガーといったアクセサリーなど幅広い商品のラインナップで、エントランス、ホール、ミーティングスペース、エグゼクティブルームや店舗まで多様な空間をご提案します。

世界中で愛され続ける名作家具たち

フリッツ・ハンセンの家具は、手にした人を幸せにし、また暮らしを豊かにしてくれるものばかり。長い時を経て使い込まれた時、色褪せるのではなく味わいが増し、アンティークな家具へと昇華しうる製品なのです。
時代を超え、世代を超えて愛され続ける普遍的な美しさは、「本物」だけが持つクオリティーであり、長年の開発努力と職人の技、また高品質な素材から成り立つものだといえます。

CHAIR / チェア

フリッツ・ハンセンの椅子は、長く大事に使いたくなる名作揃い。
座り心地も良く、カラーや素材など個性も豊かです。

SERIES SEVEN/セブンチェア

(1955年)
Design:アルネ・ヤコブセン

しなやかな座り心地と確かな強度をもつ、フリッツ・ハンセンを代表するベストセラー。ミーティングスペースや飲食店に、またスタッキング(積み重ねること)も出来るので、ホールなどにもおすすめです。

¥52,000(別途TAX)~

ANT/アントチェア

(1952年)
Design:アルネ・ヤコブセン

背もたれと座面の3次元一体成型を世界で初めて実現した歴史的に価値の高いチェア。もともとオフィスの食堂用にデザインされました。3本脚タイプは並べた際に脚が邪魔にならず、機能的にも考えられています。
*4本脚タイプもございます

¥47,000(別途TAX)~

GRAND PRIX/グランプリチェア

(1957年)
Design:アルネ・ヤコブセン

一時生産中止を経て2008年に復刻しました。ウッド脚とスチール脚からお選び頂けます。
スチール脚タイプはスタッキング(積み重ねること)も可能。オフィス、会議室などで多く使われています。

¥52,000(別途TAX)~

DROP/ドロップ

(1958年)
Design:アルネ・ヤコブセン

有機的なフォルムが特徴的なドロップチェア。北欧らしい優しい表情と包まれるような座り心地です。
カフェやオフィスのテーブル席にはもちろん、カウンター席に並べても絵になるチェアです。

¥44,000(別途TAX)~

NAP/ナップチェア

(2010年)
Design:キャスパー・サルト

NAPとは、Normal(背をまっすぐにして座る状態)、Active(前に身を乗り出して作業している状態)、Passive(リラックスしている状態)の頭文字をとったもの。どんな姿勢でも快適に座ることができ、かつスタッキング(積み重ねること)も出来る万能チェアです。

¥40,000(別途TAX)~

OXFORD/オックスフォードチェア

(1965年)
Design:アルネ・ヤコブセン

オックスフォード大学の教授のためにデザインされた特別な椅子が、様々なバリエーションで製品化。
エグゼクティブスペースや重役会議室などを、格式ある空間に設えます。

¥233,000(別途TAX)~

RIN/リンチェア

(2008年)
Design:紺野 弘通

脚部が回転式のため、座る/立つの動作がしやすく、ミーティングスペースからパーソナルスペースまで
多目的に使えるチェアです。ポリプロピレンという素材が、座った時の適度なしなりと、美しいシルエットを実現しています。

¥87,000(別途TAX)~


LOUNGE CHAIR / ラウンジチェア

エントランスやラウンジには優雅で気品溢れる上質なラウンジチェアを。
ミーティングスペースにもおすすめです。

EGG/エッグチェア SWAN/スワンチェア

(1958年)
Design:アルネ・ヤコブセン

まるで彫刻のような美しさをもつ2つのラウンジチェアは、ヤコブセンの建築作品のひとつであるデンマークの「ラディソンSASロイヤルホテル」のラウンジチェアとしてデザインされました。
エッグチェアは囲んで配置することにより、周囲の雑音や視線を遮ってくれるので、落ち着いた雰囲気のロビーや待合い、ミーティングスペースにも理想的なチェアです。

EGG布張り ¥698,000(別途TAX)~
SWAN布張り ¥434,000(別途TAX)~

minuscule/ミナスキュール

(2012年)
Design:セシリエ・マンツ

「カジュアルなミーティングで使えるフォーマルなラウンジチェア」というコンセプトでデザインされました。
女性デザイナーらしい優美なフォルムは、オフィスはもちろん女性をターゲットとした店舗などでもおすすめです。

¥140,000(別途TAX)~

RO/ロオチェア

(2013年)
Design:ハイメ・アジョン

通常のラウンジチェアより一回り大きいロオチェア。くつろげるラウンジチェアとしてももちろんですが、
オフィスなどで集中して熟考するチェアとしても最適です。

RO 布張り¥338,000(別途TAX)~
フットスツール 布張り¥107,000(別途TAX)~


SOFA / ソファ

ゆったり寛げるソファから連結できる機能的なものまで、空間・目的によってお選びください。

ALPHABET / アルファベットソファ

(2008年)
Design:ピエロ・リッソーニ

4種類の座面・9種類の背もたれを組み合わせ様々な形を作ることのできるユニットソファ。ファブリック(張り地)も豊富なカラーからお選び頂けます。ホールから休憩スペースまで使う場所を選ばず、L字型やコの字型など、広さに応じて様々な大きさで組み合わせが可能です。

¥636,000(別途TAX)~

LISSONI SOFA / リッソーニソファ

(2006年)
Design:ピエロ・リッソーニ

イタリア人デザイナー、ピエロ・リッソーニによる洗練されたフォルムが印象的で、モダンなオフィスのラウンジソファとして美しく納まります。エグゼクティブな応接には革張り仕様も。

2P布張り ¥677,000(別途TAX)~
2P革張り ¥1,191,000(別途TAX)~

SERIES3300/3300シリーズ

(1956年)
Design:アルネ・ヤコブセン

ヤコブセン自身が建築を手掛けた「ラディソンSASロイヤルホテル」。当時ホテルに隣接していたSAS(スカンジナビアン航空)の待合いソファとしてデザインされました。1人掛、2人掛け、3人掛けほか、ユニットの延長も可能な機能性が高いソファです。

2P布張り ¥715,000(別途TAX)~
2P革張り ¥1,173,000(別途TAX)~

FAVN/ファウン

(2011年)
Design:ハイメ・アジョン

デンマーク語で“抱擁”という意味をもつ「FAVN」。その優しく包みこんでくれる有機的なシルエットは、オフィスや店舗のシンボルソファとして、魅力的な空間を演出します。

¥1,122,000(別途TAX)


TABLE / テーブル

洗練されたデザインが魅力のテーブルラインナップ。
会議室や打ち合わせテーブルとして、すっきりとしたモダンな美しさを演出します。

TABLE SERIES / スーパー楕円テーブル

(1968年)
Design:ピート・ハイン,ブルーノ・マットソン,アルネ・ヤコブセン

楕円でも長方形でもない形状のテーブル。末席を作らないその独特な形状は、緊張感を無くし、活発なアイディアやリラックスした商談を促してくれます。サイズ展開も豊富で、フレキシブルな伸長式タイプもございます。

¥220,000(別途TAX)~

ANALOG / アナログ

(2014年)
Design:ハイメ・アジョン

デジタルな現代において、人と人とが顔を突き合わせて会話することの重要性を再考してデザインされたアナログテーブル。ミーティングスペースや食堂など幅広い用途にお使い頂けます。

¥184,000(別途TAX)~

LITTLE FRIEND / リトルフレンド

(2005年)
Design:キャスパー・サルト

コーヒーカップやノートパソコンを置くワークテーブルなど、多目的に使えるサイドテーブル。
軽量で持ち運びやすく、フリーアドレスのオフィスにも最適なテーブルです。

高さ固定式¥94,000(別途TAX)~
高さ調整式¥139,000(別途TAX)~


PK SERIES / PKシリーズ

北欧の著名なデザイナーの中でも、「鬼才」と呼ばれたポール・ケアホルム。
繊細で研ぎ澄まされたその凛とした佇まいは、モダンなオフィスを始め、美術館・博物館などの公共施設にも品格を与えます。

PK 9

(1960年)
Design:ポール・ケアホルム

3本脚チェアの最高傑作の一つとして高い評価を得ている椅子。ポール・ケアホルムが自邸用にデザインしました。

¥600,000(別途TAX)~

PK 22

(1956年)
Design:ポール・ケアホルム

一切の無駄がない、その美しいフォルムは、エグゼクティブな応接やエントランスに適度な緊張感と品格をもたらしてくれます。

¥416,000(別途TAX)~

PK 11

(1957年)
Design:ポール・ケアホルム

PKシリーズ唯一のアームチェアは、3本脚のステンレスチールのフレームで構成される、非常に美しく洗練されたフォルムの椅子です。ポール・ケアホルムも自宅の書斎で使用していました。

¥387,000(別途TAX)~

PK 61

(1956年)
Design:ポール・ケアホルム

ポール・ケアホルムの美学とミニマリズムが表現されたコーヒーテーブルです。無駄のないシンプルなフォルムで、20世紀を代表するデザインのテーブルと言えます。

¥427,000(別途TAX)~

PK 31

(1958年)
Design:ポール・ケアホルム

1人掛けのラウンジチェアから2人掛け、3人掛けのソファ、さらに延長も可能な革張りのシリーズです。快適さと上品な高級感を併せ持つ、世界最高ランクのチェア&ソファです。

アームチェア(1P) ¥1,761,000(別途TAX)~
ソファ(2P) ¥2,936,000(別途TAX)~