Aluminum Group Chair

チャールズ&レイ・イームズ(1969年)

アルミナムグループチェア

エグゼクティブチェア

レザー/アルミバフ仕様

マネージメントチェア

レザー/アルミバフ仕様

ラウンジチェア&オットマン

レザー/グラファイトサテン仕様

時間を超越した
エレガンスなオフィスチェア

1958年にチャールズ&レイ・イームズによってデザインされたイームズアルミナムグループチェア。 元々は屋外用にデザインされ、当初のメッシュ仕様は発売後まもなく製造が中止されましたが、1969年、イームズ夫妻は当初のデザインに加えてクッションのついたモデルを追加しました。無駄のないすっきりとしたラインを描くこのチェアは、エグゼクティブスペースをはじめ、上品なオフィス空間や時代の先端を行く企業のフロアなど、あらゆる場所に溶け込みます。

革新的な快適性

軽量アルミニウム材のシートフレームに、継ぎ目のない背もたれの張地をぴんと張ることで完成されたサスペンション。
この働きにより、高度なサポート性と柔軟性を兼ね備えた座面「シッティングポケット」が誕生。精緻な動きで座る人の身体にしっくりなじみます。

関連記事を見る