Lounge Chair
&Ottoman

チャールズ&レイ・イームズ(1956年)

ラウンジチェア&オットマン

チャールズ・イームズはこの椅子をデザインするときに「使い込まれた一塁手のミットのように座る人を暖かく包み込む感じにしたい」と語りました。イームズ夫妻は最高の座り心地を求め、ディテールにまでこだわりました。こうして1956年に発表されたイームズラウンジチェア&オットマンは、完成品第一号がイームズと親交があった映画監督のビリー・ワイルダーに贈られました。世界中で愛用者も多く、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やシカゴ美術館などに収蔵されています。

極上のくつろぎを約束します

上質なレザー。美しい木肌のシェル。そして堂々たる風格。
インテリアを語る上で外せないイームズラウンジチェアは、オフィスや商業・公共施設の共用スペースはもちろんのこと、エグゼクティブスペースに設えても品格を与えてくれるラウンジチェアです。

関連記事はこちら