Eames Molded Plywood Chair

チャールズ&レイ・イームズ(1946年)

プライウッドチェア

1940年代初頭。デザイナーのチャールズ&レイ・イームズは圧力をかけて木材を成型する新技法を開発しました。それに注目したアメリカ海軍は合板ベニア板の添え木、担架、グライダーシェルなどの開発を夫妻に依頼。それらは第二次世界大戦で活用されました。
終戦後、その技術力を用いてデザインされたのがプライウッドチェアです。座面と背もたれを独立したパネルにすることで、軽量かつ大量生産も可能にした高品質なチェアを創り出しました。成形合板によって作り出される3次元のカーブは木製とは思えないほどのフィット感を実現。
ミーティングスペースや飲食店、ラウンジタイプは共用スペースなどでもお使い頂けます。

関連記事はこちら