Eames Shell Chair

チャールズ&レイ・イームズ(1950年~)

イームズシェルチェア

イームズシェルチェアは、1948年ニューヨークの現代美術館が開催した「ローコスト家具デザイン国際コンペ」で初めて紹介されました。
第2次世界大戦中に開発した成型技術を採用して大量生産が可能になり、当初はFRP(ガラス繊維強化プラスチック)素材で製造していましたが、再資源化できないという理由から現在は環境に配慮した素材であるポリプロピレン製となっています。
技術力の進歩により開発されたウッドタイプ、復刻したファイバーグラスタイプも含め、豊富なバリエーションを揃えるイームズシェルチェア。
時代を超えて残ってきたフォームは「すわり心地のよい椅子」として、カフェやデザインオフィス、教育施設など様々な空間で使われています。

ONLINE SHOP

Eames Molded Plastic Chair

プラスチックシェルチェア

チャールズ&レイ・イームズの名をデザイン史に残した名作シェルチェア。
プラスチックを一体成型した座面と、エッフェルと呼ばれるスチール脚部を組み合わせた完成度の高いデザインは、まさにミッドセンチュリーのアイコンといっても過言ではありません。シェルの背もたれは柔軟性があり、腰を落ち着けるシートポケットは十分な深さを備え、シート手前のフロントエッジは緩やかに下向きにカーブしているので、長時間快適に座り続けることができます。
豊富なカラー展開と軽快でアクセントのあるデザインを持つこのシェルチェアは、多様な空間でその存在感を発揮しています。

関連記事はこちら

Eames Molded Fiberglass Chair

ファイバーグラスシェルチェア

1950年、世界で初めて大量生産可能なプラスチック製のチェアとして誕生したシェルチェアはファイバーグラスで作られていました。その後、環境に負荷をかけるファイバーグラスは製造中止となり、100%リサイクル可能なポリプロピレン製に変わりました。しかし、常に新しい技術や素材の探求を重ねていくイームズの理念を受け継ぎ、近年の新しい製造工程でリサイクルが可能になったファイバーグラス製のシェルチェアが復刻しました。

関連記事はこちら

Eames Molded Wood Chair

ウッドシェルチェア

有機的なフォルム。なめらかなライン。イームズ夫妻が生み出した傑作、シェルチェアにウッドシリーズが加わりました。
今日の3D成型技術によって、ウッドベニヤを複雑な曲線を描くように成型することが可能となり、イームズシェルチェアと同じ形状のまま、ウッド素材の一体型シェルを実現。
イームズ夫妻はすべての作品において、優れた品質と絶えざる改良に力を注ぎました。美しいデザインへの敬意と、新たな素材への探求心から生まれたこのウッドシェルチェアは、ハーマンミラーがイームズ夫妻のデザイン哲学に深く寄り添っていることを美しく体現しています。

関連記事はこちら