PP Møbler

PP Møbler

至高の木製椅子

デンマーク随一の家具工房として知られるPPモブラー社。
1953年の創業以来、高品質な家具作りをしてきましたが、その根底に常にあるのは、木に対する愛情であり、技術や発想、そして職人の質の高さです。
環境への配慮と自然への感謝から、デンマークやドイツの持続可能な森林から熟練の職人が自らの目で選び抜いて伐採した最上の素材。そして家具職人、機械家具職人、張り職人全てが一つの工房に集まり、それぞれが経験と自負をもって最高品質な家具作りに注力しています。
何世代にもわたり使い続けられる耐久性と機能性、デザインの美しさを兼ね備えているPPモブラーの家具は、あらゆる空間の価値を高めてくれる家具に他なりません。

特別な場所に、特別な1脚を

そんな風に職人たちの誇りを纏って完成された特別な椅子だからこそ、格式のあるレストランに、ホテルのスイートルームに、社長室や重役が集まる役員会議室に、国宝や美術品などを展示する博物館に。PPモブラーの家具は、そんな特別な場所にこそ相応しく、空間に程よい緊張感と温もりを与えてくれます。

PP66 CHINESE CHAIR

(1945年)
Design:Hans J.Wegner

中国、明時代の椅子からインスピレーションを受けデザインされたチャイニーズチェア。伝統的なデザインが格式ある空間を設えます。

PP503 THE CHAIR

(1950年)
Design:Hans J.Wegner

どの角度からも見ても完璧な美しさをほこるウェグナーの代表作。ゆったりと座りやすく、ラウンジチェアとしてもおすすめします。

PP701 MINIMAL CHAIR

(1965年)
Design:Hans J.Wegner

美しい笠木のラインが特徴のPP701。十字の契りがアクセントになっています。コンパクトながらしっかりとした座り心地で、一流レストランへの導入実績も。

PP68

(1987年)
Design:Hans J.Wegner

優しくオーガニックなデザインは座る人にやすらぎを与えてくれます。座面が革張りのモデルもございます。

PP250 THE VALET CHAIR

(1953年)
Design:Hans J.Wegner

笠木には上着を掛け、座面を持ち上げればズボンを、そして座面を開けた中に小物も収納できます。遊び心ある彫刻的なデザインはオブジェとしても美しい佇まいをみせてくれます。

PP550 PEACOCK CHAIR

(1947年)
Design:Hans J.Wegner

孔雀が羽を広げているさまを彷彿させるデザイン。ラウンジチェアとしてはもちろん、エントランスホールや美術館・博物館などのオブジェとしても空間を美しく設えます。

PP85 CROSS LEGGED TABLE

(1955年)
Design:Hans J.Wegner

ウェグナーが1955年の頃にアンドレアス・トック社のためにデザインしたテーブルです。極めてシンプルなデザインですが、角の仕上げなどは全て面がとってあり、ずっと触れていたくなるような感触です。このテーブルは誕生から50年の歳月が経っていますが、未だ現代的です。メンテナンスをかけながら何世代にも渡りお使い頂けます。