Stitz

スティッツ

「立つ」と「座る」の中間の状態で、人間の身体を支えるハーフシーティングチェアです。日々の仕事は座ってできるものばかりとは限らないという点に着目。「立っているけど座っている」という姿勢が、腰掛けて行う作業の動作の範囲を広げ、かつ楽な姿勢で作業効率を高めることができるよう設計されています。

様々なシチュエーションに対応

フリーアドレス化のオフィスも多くなっている昨今。
かしこまって座るミーティングスペースではなく、ハイテーブルでラフな打ち合わせをするスペースや、カウンターテーブルで作業したりする際にも活躍してくれます。
体重を少し預けることで身体の負担を減らしながらも、次の動作に移りやすいので、美容師の方や販売店のスタッフにもおすすめ。大学の講義室にあれば教授が講義をする際にも便利です。

関連記事を見る

ハーフシーティングチェア

座面:コルク ブラックフレーム

ハーフシーティングチェア

座面:ファブリック ブラックフレーム

ハーフシーティングチェア

座面:レザー ブラックフレーム