Home > Blog

世界は、立ち始めている

シリコンバレーをはじめとして、世界中の企業で立ちながら仕事をする人が年々増えています。
たとえば、グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、アウディ、楽天、東京大学大学院、サイバーエージェント等では立ち仕事を採用しています。

働き方改革

なぜ、立つのか

長時間座ることには大きなリスクがあることが分かってきたから。

①肥満・糖尿病のリスク上昇
②心臓病の確率が2倍
③腰痛・肩こり
④前立腺がん30%増加
⑤死亡リスク上昇

1時間座ると22分寿命が縮んでいる、という事実(※1)。健康的に働くためには今すぐ立ち上がるべきなのです。

※1 BJSM(イギリススポーツ医学ジャーナル)のオーストラリアの国民調査に基づく記事による

 

世界一長く座る日本人

日本人は平均して平日の1日のうち約7時間座っていると言われています。長時間労働が多いのが主な原因です。
世界20か国の平均が約5時間なので、いかに日本人が座りっぱなしかがわかりますね。

 

かといって、ただ立てばいいってものでもない

ただ立ち続ければいいってものでもないらしいです。
立ち仕事の方は実感していると思いますが、長時間立ち続けると血流が悪くなり、脚がむくんだり脚裏が痛くなったりします。
そこで適度に動きながら立つことが大切。

 

【結論】ゆれてみよう

仕事に対する集中が切れない程度に、安定した揺らぎを身体に与えることができれば、健康的な立ち仕事ができるのです。
そこでワイズカーサがおすすめするのが、バランスアクティブボード。

bab_3

このボード、上に乗って作業することを目的に設計されています。
価格も¥9,500(2019年5月現在の本体価格)とお手頃なので、事務スタッフ全員分でも早速取り入れてみてはいかがでしょう?

実はan anの『カラダにいいもの大賞。』グランプリも受賞している実力派。

カラダにいいもの大賞

まずは店頭で是非ゆらゆら具合を確認してください。

 

補足

立位での仕事は、長時間続けると不快感や疲労感で効率が落ちることもあります。
仕事の内容に応じて、適度に立ったり~ゆれたり~座ったり、姿勢を変えるのが良いようですよ。

人生で働く時間はとても長い!
無理なくできることからコツコツと。健康的で有意義な仕事時間にしましょう。

 

【関連記事】

・効率良く働くために「立ち上がろう」!
・今すぐできる「健康経営」のご提案
・昇降式デスクのススメ

突然ですが、定例会議をすることで仕事をした気になって安心してる方、いませんか(笑)?
本来会議はプロジェクトや部署の目的や流れ・進捗状況などを共有し、今後の具体的な行動や方針および担当等を決める、大切なもの。
つまりスタッフがどう働くかを具体化する”議決”が目的です。

でも往々にして、”上長がお説教や過去の栄光など、自己満足のために長話をする時間”が大半を占めていることも少なくありません。

tired_meeting

英国の『ガーディアン』紙によれば、会社員が仕事人生のなかで会議に費やす時間は平均でおよそ9000時間にも及ぶと言います。さらにそのうちの約50%が無駄に終わっているとか・・・

長引く会議は単純に無駄時間。もはや時間泥棒。最も改善すべき時間の使い方です。

では会議が長引かないための具体策とは?
会議短縮のためのお役立ちアイテムをご紹介!

■スタンディングミーティング

立ったままの会議のこと。10~30分程度で疲れてくるので、自然に早めに会議を切り上げようとします。不要な話題は避け、本題のみに時間を割くようになります。
そんな環境をつくってくれるのが昇降式やカウンター高のデスク。それでもちょっと長めの議論になりそうな場合には、軽くもたれることのできるハーフシーティングのチェアがあると快適です。

スタンディングミーティング 昇降式デスク【USMキトステーブル】

スタンディングミーティングハーフシーティングチェア【Stitz】

スタンディングミーティングハーフシーティングチェア【Stand Up】

 

■体を動かして脳を活性化

身体を動かすことで血流が良くなり、いいアイディアが浮かびます。眠気もどこへやら。
健康促進にも繋がり、活発な議論が生まれます。立ってゆらゆら、座ってゆらゆら。この不安定感が短期集中型のミーティングを実現します。
ただし深刻且つ重要な議題の時には不向きですのでご注意を…

働き方改革シーティングボール【VLUV(ヴィーラブ)】

働き方改革【バランスアクティブボード】

働き方改革【バランスシナジー】

 

■番外編

ワイズカーサでお取り扱いはありませんが、こんな製品も開発されています。

DIESELが開発した、15分以内にミーティングを終えるための特別な「カプセル」です。さすがにこれは突飛すぎるとも思いますが、根本的な考え方はまさにカプセルのコンセプト通り。

ミーティングを短時間で効果的に行うためには、”短く済ませられるためのスペース”が必要だということ。


部下を頭ごなしに叱ったところで、仕事効率の改善は難しいもの。
無意識に、でも確実に仕事の効率が上がる環境を整えることこそ、企業が取り組むべき最初の一歩です。

ただオシャレなだけじゃない、ただ品質が良いだけでもない、業績アップにつながるワイズカーサのオフィス家具・オフィス提案を是非ご活用ください。

 

【関連記事】

・働き方改革のご提案① ~執務効率を上げる~
・効率良く働くために「立ち上がろう」!

スウェーデン王室御用達と言われる、世界最高峰のカーペットをご存じでしょうか?

特別な空間のための絨毯、KASTHALL(カスタール)

kasthall_2019-1

ヤマトヤ・ワイズカーサ北名古屋本店では4月20日より、オーダーメードカーペットKASTHALL(カスタール)2019新作コレクション『GRÖNSKA(グランスカ)』の愛知県初のお披露目となるカスタールフェアを開催中。

緑の草木を意味するグランスカ コレクション は、1889年以来、スウェーデン シンナにあるカスタールの工場を取り巻く牧草地や畑、農地にインスパイアされて作られ、新緑の北欧の空気や暮らしが感じられる上質なカーペットです。

カスタール社について

一言でいえば・・・
最高級の自然素材を用いて、1枚1枚カスタムメイドで作られる絨毯

ハンドメイドカーペット

カスタールの絨毯はに使用されるウールやリネンは非常に丈夫で耐久性に富んでおり、北欧やヨーロッパでは住宅よりオフィスやホテルなどで使われることの多い絨毯です。
ピース敷きはもちろん、施工用の敷詰めカーペットも充実しています。
非常に豊富なカラー・パターンと自由なサイズオーダーで、廊下、会議室、ロビー、客室、レストランなど、多彩な空間に合わせてご提案が可能です。

ハンドメイドカーペット

最高品質の素材を用い、熟練の職人の技で糸から製作される絨毯は、空間に高級感や品格を与え、特別な設えを実現します。

最上の時間をもたらしてくれる上質な空間。
そこには不可欠な絨毯です。

フェア期間中にぜひご来店頂き、質感や風合いをお確かめください。


KASTHALL 新作コレクション2019

期間 : 4月20日(土)~5月12日(日)まで
場所 :ヤマトヤ・ワイズカーサ<北名古屋 本店>
※名古屋丸の内店、グローバルゲート店にカスタールの展示はございませんのでご注意ください。

執務に費やす時間、1日のうち何時間くらいありますか?

働き方改革

PC作業や事務作業の効率を上げることで、時短が実現できます。チリも積もれば何とやら・・・
他の仕事に手が回る、1日1件多く営業できる、企画会議の時間が取れる。
そしてスタッフは、定時で帰れるようになったり、休日出勤する必要がなくなったりします。働き方改革の第一歩です。

だからこそ、企業はスタッフの仕事効率を上げるための投資を軽んじてはいけません。

officeplans

ワイズカーサは家具の専門家として、執務効率を上げてくれるオフィス家具・オフィス環境をご提案しています。

ワイズカーサの働き方改革提案

執務効率UPのための家具
①正しいワーキングチェア

ワイズカーサの働き方改革提案

執務効率UPのための家具②
昇降式デスク

ワイズカーサの働き方改革提案

執務効率UPのための家具③
集中できる環境をつくるソファ


オフィスの家具を変えることからはじまる働き方改革。
ワイズカーサのオフィス提案をぜひご活用ください。

【関連記事】

・今すぐできる「健康経営」のご提案
・働き方の多様化に対応する柔軟オフィス

ワイズカーサでは、上質なインテリアで快適な職場を創造するインテリアプランを得意としています。

■『心地良く、快適に』働く場所には何が必要か?
■おしゃれで機能的なオフィスはどうしたら実現できるのか?
■実際にどんな家具を選べば効率の良い仕事ができるのか?

等々、オフィスを考えるヒントになる情報や考え方などをブログで随時配信中ですので、ぜひご覧ください。

美しいオフィスの作り方

 

昨今のワークスタイルのキーワードと言えば「働き方改革」。
実際に改革とはどういうことでしょう?

働き方改革

労働時間の短縮?休日を増やす?ライフスタイルに合わせた多様な働き方?

どれも大切ですが、そもそも根本的に、仕事量を減らすことができなければ実現できないことばかり。
でも仕事量を減らすって、簡単なことではないんです。

では、どうしたら改革できるのか?

ワイズカーサが提言する働き方改革。それは職場での仕事効率を高めること!

仕事の効率が上がれば、同じ仕事量でも時間短縮や人員削減が可能です。

働き方改革

単純に定時で帰れ!と言ったって、結局残業しない代わりに家に持ち帰って、プライベートの時間を削って仕事する・・
本末転倒な結果が目に見えています。

 

だからこそ、仕事中の時間をいかに効率よく使い、いかにスピードアップするかが大切なんです。

 

そこで仕事効率を高めるためのオフィスの在り方を、ワイズカーサからご提案。ポイントは5つ。

①執務効率を上げる

→ 仕事効率を高めるワークチェア&デスクを導入する

②だらだら長い会議はしない

→ 短時間で集中できる会議スペースを設ける

③コミュニケーションを活発化して密な情報共有のスピードアップ

→ 部署や世代・役職を超えて、誰もが利用できるオープンスペースを活用する

④探し物に時間をかけない

→ とあるデータでは年間150時間も探し物をしているとか・・・

⑤健康的に働ける環境をつくる

→ スタッフの健康管理は利益とアイディアに直結する


具体的にどうしたらいいのか、それぞれ詳しくは個別の記事でご紹介していきます。
オフィス改革・働き方改革を実現するためのオフィス環境やオフィス家具のことならワイズカーサにお任せを。
お気軽にご連絡・ご来店ください。

【関連記事】

・今すぐできる「健康経営」のご提案
・オフィスの設備投資には効果のあるワーキングチェアを
・効率良く働くために「立ち上がろう」!

誰もが憧れるおしゃれで明るいオフィス。
思わず職場を自慢したくなっちゃう!そんなオフィスを実現したいですね。

おしゃれオフィス

でも、実際仕事しているとどうしてもごちゃついて雑多なイメージになりがち。
具体的にどうすれば?

そんなお悩みをワイズカーサが解決します。

 

ポイントをおさえよう

新しい建物を建てたり新築ビルに移転して、オフィス家具や什器を買い替えられれば話は早いのですが、そうもいきません。
だから以下のポイントをおさえて、ちょっと模様替えしてみませんか?

効率的な収納スペースの見直し

オフィス収納プラン

まず第一にお片付け!幼少時に誰もが習いましたね。
収納するものの種類や量は仕事に応じて増えていきます。職場でどんな収納物が多いのか、俯瞰して把握するところから始めましょう。
・書類?本やカタログ?文房具や備品?
・かさばるもの?薄いもの?変形しやすいもの?
・長期保存が必要なもの?一時的に必要なだけで破棄予定のもの?

「収納する場所が足りないなぁ」と思ったら、まずは不用品をきちんと整理。
その後、将来収納量が増えても対応できる収納スペースを長期的な目線で用意することが大切です。

 

色味を統一する

全体の色を統一したり、アクセントカラーを決めてその他の色は持ち来まない!とルールを作ること。
たとえばオフィスチェアを買い替えるときには部署ごとに色を決めるとか、必ず青色のファイルを使う、とか。
細かなもので色が増えやすいので、デスクや収納など大きな面積を取るものは白や黒に統一するとスッキリします。

color2全体を白で統一した中にアクセントでライトグリーンを。椅子とバーチカルの色合わせで空間全体にカラーを散りばめて、狭い範囲でコントラストが強くならないようバランスを取りました。

color1潔く、黒・グレー・白の無彩色のみで構成したオフィス。天井のライティングレールのブラックが効いています。


さらに木目を取り入れると一気にこなれ感が。
床をフローリングにしたり、デスク天板を木製にしたりすると、和やかで明るい印象のオフィスになります。

wood4天然木のデスクがあるあけで、無機質になりがちなオフィスに温もりが。今使用中のオフィスのデスクを変えるだけでも随分と見違えそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAオフィス全体の床の張替えは少々ハードルが高いですが、会議室やリフレッシュスペースだけ、と限定してみては?一画が明るくなるだけでオフィスの印象は変わります。

グリーンを配置する

オフィスにグリーンを

最も手軽にできるのが、観葉植物を取り入れることです。
できればメインツリーになるような大きめの木があると、それだけでなぜかおしゃれに見えます。
スペース的に難しい場合には、パーテーションを鉢植えタイプのものに変えたり、壁に植物をモチーフとしたアートを飾ったり、という方法もあります。

 

まずは身近に手軽に進められることから、オフィスを快適で美しい空間へと変えていきましょう。
面倒くさい!時間がない!というときにはワイズカーサにご相談ください。
餅は餅屋。インテリアはインテリア屋。
きっとお役に立ちますよ!

こんにちは、スタッフ小西です。
平成28年度には経済産業省が「健康経営優良法人認定制度」を導入し、”健康的に働けること”が企業自体の価値と、さらには業績をも高める時代になりました。
そこで今日はワイズカーサから「健康経営」についてのご提案!

healthcare0

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

・・・と、経済産業省のHPに記載されています。一言でいうと

healthcare1

では、具体的にどうしたら良いのでしょう?
・社員全員に健康診断の徹底
・自転車や徒歩通勤の奨励
・社員食堂の整備と栄養士の常駐
などなど、健康促進に効果的な事柄は思いつくけど、どれも今すぐできるかというと現実的じゃないよなぁ、、、なんて声が聞こえてきそう。

そこでワイズカーサから、すぐにでもできるスタッフの健康促進方法をご提案致します。

 

1.職場環境の見直し
health01

ずーっと座りっぱなし。これは身体にとって非常にリスクが高いことです。肩こりや腰痛の原因にもなるし、肺に十分な酸素がいきわたらず、眠くなるうえに良いアイディアや企画も生まれません。集中力も途絶え気味・・。
なので、時には立ってデスクワークやミーティングができる環境を取り入れてみてはいかがでしょう?

 

2.コミュニケーションの活性化
Allpress HQ - London

他部署のスタッフと、上司や部下と、コミュニケーションを取りましょう。多角的な視野で仕事をとらえるきっかけにもなりますし、同僚がどんなことを抱えているのか、何を目標としているのかなど分かり合えると、仕事に対する意欲もわいてくるというもの。どの部署にも属さないスペースにカジュアルな寛ぎ空間を設けるのが◎!

 

3.休憩や気分転換
health03

最近では”おやつ時間”を全員参加で強制(?)している会社もあるくらい。たとえ15分でも、しっかりリフレッシュしたほうが仕事効率があがります。身体を動かしたり、音楽を聴いたり、ひとりになる時間を作るのも良いですね。運動器・感覚器の障害を防ぐほか、心身症(ストレス性内科疾患)の予防にも効果的です。

 

4.清掃をルーティンワークに
health04

感染症やアレルギーの予防という側面もありますし、身体を動かすきっかけにもなります。ポイントは掃除タイムをきちんと設けて、スタッフ全員で同時に取り組むこと。自主性に任せると、たいてい後回しになり、定着しません。くれぐれも「〇〇さんはいつも掃除は人任せ!」とクレームや不信感の元になることは避けましょうね。

 


いかがですか?
明日からやってみよう!と思える事柄もあったのではないでしょうか。

ちなみにワイズカーサでは、毎朝朝礼前にみんなでラジオ体操をしていますよ。
健康経営の実践で、目指せ業績UP!

スタッフが生き生きと働けるオフィスプランはワイズカーサにお任せください→click

USMハラーは決して安い家具ではありません。しかし、世界中の多くの企業経営者様に愛され、選ばれています。
それはなぜなのか?

USMが職場にとっていかに必要であるか、その選ばれる理由を紐解いてみましょう。

 

ポイント1:会社は10年後も20年後も続く

オーナー様は、常に会社の未来を考えています。より会社を発展させ、大きくすること。
だから、スタッフを雇う時にも、ずっと一緒に長く働ける仲間を求めます。家具も同じこと。たとえ会社の規模拡大でオフィスを移転しても、レイアウト変更があっても、長く使い続けられる丈夫で便利な家具に魅力を感じるのです。
(参照:オフィスのレイアウトの話

 

ポイント2:機能性

働き方や部署によって、必要な収納家具も様々です。書類をしまうのか、細かなパーツをしまうのか、それとも重量物か。それぞれに便利な形状、サイズ、パーツのカスタマイズができるのは必要不可欠です。またサイズ規格のぴったりなデスクが用意されているのも嬉しいポイント。

 

ポイント3:統一感

オフィスのどこにいても、またはどんな形や色使いをしても、シンプルな形状とデザインは全体に統一感を与えます。
バラバラな収納棚やロッカーで雑多なイメージのオフィスより、洗練された美しいオフィスの方がいいと、単純に誰もが思うことです。スタッフのモチベーション向上も望めます。

 

ポイント4:歴史と実績

rothschild

USMは世界各国で、50年以上前から選ばれている家具です。それだけで安心感があり、選ぶ価値があると、多くのオーナー様が考えています。なぜなら、自社の商品やサービスが50年以上愛されるものだとしたら、そこには確実に選ばれる理由があり、大きな自信を持っているはずだから。

 

いかがでしょう?USMハラーが選ばれている理由は、まさに将来を見据えたうえでの”現在”の決断の理由でもあります。
店頭で実際に見て触れて、その安定感をぜひお確かめください。

こんにちは。スタッフ小西です。
今日はオフィスにおける設備投資のお話を。

off1

 

オフィスに必要な設備はたくさんありますが、スタッフの業務効率をUPさせ、生産性を高めるために必須なのが、「正しい」ワーキングチェアです。

デスクワークをするスタッフの多くが腰痛や肩こりに悩んでいます。
日本では従来、それらは自己責任による体調管理という位置づけをされてきましたが、アメリカでは企業によるスタッフの健康管理不備として、場合によっては裁判になり企業側が敗訴するケースも出ています。

企業はデスクやチェアを安価なものにしてコスト削減を考えがちですが、何十年も続くロングライフな企業を目指すのなら、スタッフが最善の仕事を長期間にわたってできるように、長期的な目線で環境整備に取り組むべきなのです。

「正しい」とは?

人はロボットではないので、体調や働く環境によって、行動や感情が大きく左右されます。
つまりスタッフがより良い仕事をするためには、スタッフの健康管理や職場の環境整備をする必要が、会社側にもあるということです。

多くの時間を座って仕事をする環境のスタッフにとって、大切なのはワーキングチェア。

ngworker

腰痛、肩こり、目の疲れ。
猫背による肺機能の低下→血液中の酸素濃度の低下→集中力の低下。

それらは「正しくない」椅子に「正しくない」姿勢で座って長時間仕事をすることで起こります。

「正しい」椅子とは、より自然でストレスのない人体のあるべきカタチに、人の姿勢を自然と誘うもの。そして人の無意識の動きを妨げず、身体に寄り添いフォローしてくれるもの。

それは座る人の作業効率を確実に高めてくれます。

 

スタッフの作業効率を高めることは、業績アップに繋がります。
そのために、「正しい」ワーキングチェアを選び、「正しく」座る方法を実践させることが大事です。

ワイズカーサでは、人間工学に基いて、正しい椅子を選び正しく座るための【ワーキングチェアの正しい座り方講座】を開催しています。
講座と言いましても、かしこまった所謂講座ではなく、実際にワーキングチェアに試座して頂きながら座り方のお話しをさせて頂きますのでお気軽にご参加ください。

<ワーキングチェアの正しい座り方講座>

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店
毎週曜日PM1:30~,PM5:00~

*無料
*要予約(御予約はお電話下さい)
*上記以外の日時でも随時ご案内いたします。お気軽にお問い合わせ下さい

ヤマトヤ・ワイズカーサ 北名古屋本店 TEL:0120-04-8018 

法人様専用見積/ボリュームディスカウントも致します。
社長室や応接室、執務スペース、ミーティングスペースなど、使う場所・使う人・使い方・雰囲気に合わせてご提案致しますので、まずはお気軽にご来店ください。

※ワーキングチェアはヤマトヤ・ワイズカーサ北名古屋本店もしくはY’S CASA STUDIO名古屋丸の内店でお試し頂けます

ワイズカーサのおすすめワーキングチェアはこちら

1 / 3912345...102030...最後 »