Home > 納入事例 > 山口工業様

CASE.05

山口工業様

スタッフが生き生きと働ける空間を

企業=人
多くのコンピュータや機械を駆使したとしても、今後AIが導入されたとしても、やはり職場の主役は「人」であることは変わりません。
スタッフ一人一人が、やりがいを感じ、楽しく厳しく快適に働くことが、そのまま企業の在り方となり、業績につながります。

スタッフにとって快適な職場を創造するために、”メリハリ”と”デザイン”を取り入れるご提案。
オーナー様にとってもスタッフにとっても、自慢のオフィスであり、お気に入りの場所となりました。

個性とカラー


なんと食堂(?)の椅子は見事にすべてバラバラ!
色も形もデザインも異なりますが、それぞれ著名なデザイナーが、コンセプトをもって手掛けた名作椅子ばかりです。もちろん、座り心地もそれぞれに良さがあります。

そんなカラフルで個性的な椅子を前に、「今日はどの椅子に座ろうか」とワクワクする瞬間。
食事の時間が適度な刺激となり、午後もまた頑張ろうとリフレッシュできる空間。

それを提供してくれる表情豊かな椅子たちは、ひとつの話題のネタとなり、スタッフ同士のコミュニケーションツールとしても活躍します。

既成概念を破ること


社長席はこうでなければならない!・・・こうって何でしょう?

社長は企業の代表であり指針を示す立場ですから、迅速且つ的確な決断や決済を求められます。
ですが社長もやはり「人」。
最もクリエイティブで自由な発想が生まれたり、包括的な視野で物事をとらえることができたり、集中して熟考したりするのに落ち着く場所は、人それぞれ異なります。

山口工業のオーナー様が希望した社長席は、できるだけ床座に近い形、でした。

そこでワイズカーサがご提案したのは、掘りごたつ式の、まるでリゾート地にあるような(実際にアウトドア仕様ですが)屋根と座椅子・テーブルが一体となったタイプ。解放感もあるのに、なぜかほっこりと落ち着いてしまう、矛盾した魅力を持つ家具です。

こんな空間で過ごす業務時間は、なんだかとっても楽しそう!

「仕事をするための場所とは」という既成概念を破り、「好きな場所」を作る。
不思議なもので、好きな場所だからこそ、さらに仕事がはかどるものです。

様々な空間を様々なインテリアで

スタッフが仕事に集中したり、くつろいだり、アイディアを練ったり。
1日の大半を過ごす職場では様々な時間を過ごします。
それぞれの時間を有意義にするために、オフィスのあちこちに”しかけ”をしました。

カラーで気持ちが明るくなったり、素材に心が癒されたり。

メリハリのあるオフィスづくりは、スタッフの時間にも心にもメリハリを持たせます。
それは結果として効率良く、最大のパフォーマンスを発揮できる仕事の仕方を生み出します。



まずは一度、「当たり前」を見過ごしてみること。だけど決して仕事効率や働くスタッフの快適性を向上させるという、本来の目的は決して見失わないこと。

インテリアの力は、オフィスを成長させる機動力を生み出します。
快適であり、機能的であり、デザイン性があり、スタッフが生き生きと働ける。そんなオフィスの実現をお手伝いさせて頂きました。

 

社長様のコメント

%e7%a4%be%e9%95%b7

ワイズカーサさんに初めてお邪魔したのは、確か2011年ごろだったと思います。信号待ちでたまたまお店が目に留まり、自宅用のキッチンボードを北名古屋本店で購入したのがきっかけです。
その際担当して頂いたスタッフの方も、採寸のためにわざわざ家に来てもらったりと、親身に対応して頂いたのを覚えています。

その後、本格的に新社屋の話になり、再びワイズカーサさんへインテリアのご相談に伺いました。

人と違う空間にしたい。決まりきったデザイン、配置、空間は嫌だったんです。
例えば社長室。
デスクがあり、ちょっと立派なイスがあり。誰が決めたんでしょうか?
そんな思いを担当の小出さんにぶつけたところ、とんでもない提案がきました(笑)
これには驚きましたが、私が求めていたものでしたね。

弊社のスタッフは若手も多く、平均年齢は30代。大事なのは、色々な視点で物事を見られる様になることだと思っています。凝り固まった考え方では、これからの時代生き残っていくのは相当厳しい。
そのためにも、発想力を養ってほしいですよね。

簡単なことではないかもしれませんが、環境が与える影響はとても大きいと思います。
毎日働く職場に、デザインが美しいものや、今まで見てきた「当たり前」ではないモノ、があれば、それだけでインスピレーションを刺激されるはず。
社長室もしかりですが、カラーが美しいUSMハラーや食堂の「1脚1脚違うチェア」が良い例です。

とらわれないこと。
そんなことを目で見て、触れて、感じられる空間になったと思っています。
空間において、いかにインテリアが大事か。今回改めて感じさせられました。


ITEM

使用アイテム

その他の事例はこちら